Reuters logo
今日の株式見通し=続伸、日経平均1万9000円回復後は為替にらみ
2017年2月5日 / 23:00 / 8ヶ月前

今日の株式見通し=続伸、日経平均1万9000円回復後は為替にらみ

[東京 6日 ロイター] - きょうの東京株式市場で日経平均株価は、続伸となりそうだ。前週末の米国株が大幅高となり、リスク許容度が増した海外勢の買いが先行。日経平均は1万9000円の大台を回復する可能性が高い。

ただ、強含みの円相場が上値を抑える要因になる。買い一巡後は為替動向に左右され振れ幅が大きくなることも予想される。

日経平均の予想レンジは1万8900円─1万9200円。

3日の米国株市場は、底堅い米雇用統計に加え、トランプ米大統領が金融規制改革法(ドッド・フランク法)の見直しに関する大統領令に署名したことが追い風となり、ダウ工業株30種が5営業日ぶりに2万ドルの大台を回復した。シカゴの日経平均先物3月限(円建て)清算値は1万9050円、大阪取引所の夜間取引終値は1万9090円と上昇している。週明けの東京市場でも先物主導で買いが先行するとみられる。

一方、外為市場では1ドル112円台半ば付近まで円高に傾いている。日中は為替動向を強く意識する展開になりそうだ。市場では「10日の日米首脳会談を前に長期金利には上昇圧力がかかりやすい。円高警戒が日本株の上値を抑えることになる」(みずほ証券シニアテクニカルアナリストの三浦豊氏)との指摘が出ている。

日米首脳会談では為替を含む通商問題が焦点となり、円安是正への圧力がかかることも予想される。積極的に上値を買い上がる動きは出にくい。日経平均1万9000円台では戻り売りも増えるとみられている。

主なスケジュールは、12月毎月勤労統計が発表される。トヨタ自動車(7203.T)、スズキ(7269.T)、JT(2914.T)などが決算発表を行う。海外で重要な経済指標の発表は予定されていない。

前営業日終値 昨年来高値 昨年来安値

日経平均.N225      18918.2 19615.40 14864.01

+3.62 2017年1月5日 2016年6月24日

シカゴ日経平均先物3月限 19050(円建て)

*内容を追加して再送します。

河口浩一

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below