Reuters logo
〔マーケットアイ〕株式:日経平均は小幅高、円高一服で輸出株買い
2017年7月14日 / 01:16 / 2ヶ月前

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は小幅高、円高一服で輸出株買い

    [東京 14日 ロイター] - 
    <10:12> 日経平均は小幅高、円高一服で輸出株買い
    
    日経平均は小幅高、2万0100円台前半で推移している。ファーストリテイリング
        が1銘柄で日経平均を約57円押し下げている。市場では「円高が一服したこと
で輸出株などに買い安心感が出ているが、今晩発表される6月の米コアCPIや小売売上
高の結果次第で為替の反応が大きくなる可能性もあり、上値は買い上がりにくい」(国内
証券)との声が出ている。
    
    
    <09:08> 寄り付きの日経平均は続伸、米株高が支援 ファーストリテ下落
    
    寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比58円11銭高の2万015
7円92銭となり、続伸して始まった。前日の米国株高やドル高/円安方向に振れた為替
など、外部環境を支えに主力株は買いが先行した。メガバンクや自動車、鉄鋼株などが堅
調に推移している。一方、前日に9─5月期決算を発表したファーストリテイリング<998
3.T>が下落し、日経平均の押し下げ要因となっている。
    
    市場筋によると、7月限の日経平均オプションのSQ(特別清算値)は2万0151
円83銭となった。
    
    
    <08:27> 寄り前の板状況、新興株はミクシィ・そーせいが売り優勢
    
    市場関係者によると、新興株の寄り前の板状況は、マザーズ上場のミクシィ        
、CYBERDYNE        、そーせいグループ        が売り優勢。ジャスダック上
場の日本マクドナルドホールディングス        は売り優勢。セリア        、ハーモニ
ック・ドライブ・システムズ        は買い優勢となっている。
    
    
    東証第1部出来高上位30銘柄       
    東証第1部値上がり率上位30銘柄       
    東証第1部値下がり率上位30銘柄       
    日経225先物        
    SGX日経225先物        
    TOPIX先物        
    日経225オプション            
    株式関連指標の索引ページ        
    関連アプリ:インデックスムーバー(トムソン・ロイターEIKON検索ボックスで“IMO
”と入力)

    
 (  

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below