Reuters logo
今日の株式見通し=もみ合い、材料難で大型株の上値重い
2017年6月21日 / 22:52 / 4ヶ月前

今日の株式見通し=もみ合い、材料難で大型株の上値重い

[東京 22日 ロイター] - きょうの東京株式市場で日経平均株価は、もみ合うと予想される。前日の米国株はまちまち、ドル/円JPY=も水準に大きな変化はない。外部環境の手掛かりに欠けるなか、利益確定売りと押し目買いが交錯する展開となりそうだ。

輸出やハイテクなどの大型株が買い材料に欠ける一方、内需の一角や中小型株には物色が広がると予想されるが、相場全体を押し上げる力は乏しいと見込まれる。

日経平均の予想レンジは2万0050円─2万0250円。

前日の米国市場でダウ.DJIとS&P500.SPXは続落して取引を終えた。原油安を嫌気してエネルギー株が売られ、両指数を圧迫した。一方でナスダック.IXICは、ヘルスケア関連株やハイテク株に下支えされて反発した。朝方に原油相場が下げに転じたことを受け、S&Pエネルギー株指数.SPNYは1.6%低下した。

軟調な原油相場を背景に、東京市場でも引き続き鉱業や石油セクターが売りに押される公算が大きい。他方、原油安は空運、陸運など一部業種にとっては追い風となりそうだ。

外為市場でドル/円JPY=は111円台前半と前日の東京市場とほぼ同水準で推移している。日経平均先物9月限は、大阪取引所の夜間終値が2万0110円。シカゴの円建て清算値が2万0100円を付けており、いずれも前日の東京市場の現物株の終値をやや下回っている。序盤はこれらの水準が意識され、やや売り優勢で始まりそうだ。

ただ、押し目買い意欲は強く、売り一巡後は下げ渋るかプラスに転じる場面も見られると想定される。「きのうのマザーズの急騰にも示されたように、市場全体への資金流入は続いている。半導体、ハイテク株は調整し、自動車、メガバンクには買い要因が見つからないので、今は食品などの内需系や新興市場の中小型株に物色の矛先が向いている。相場の地合い自体は良い」(SBI証券シニアマーケットアナリストの藤本誠之氏)との声が聞かれた。

きょうは国内では主な指標の発表は予定されていない。岩田日銀副総裁の講演と会見が青森市で予定されている。海外では、米新規失業保険申請件数、米5月コンファレンス・ボード景気先行指数の公表が控えている。

前営業日終値 年初来高値 年初来安値

日経平均.N225      20138.79 20318.11 18224.68

-91.62 2017年6月20日 2017年4月17日

シカゴ日経平均先物9月限 20100(円建て)

*内容を追加しました。

辻茉莉花

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below