Reuters logo
今日の株式見通し=横ばい、中小型株や材料株の個別物色が中心
2017年6月22日 / 22:53 / 3ヶ月前

今日の株式見通し=横ばい、中小型株や材料株の個別物色が中心

[東京 23日 ロイター] - きょうの東京株式市場で日経平均株価は横ばい圏で推移しそうだ。前日の米国株はまちまち、為替も小動きで目新しい材料に欠ける。中小型の値動きの良い銘柄や材料株を中心とした個別物色が続きそうだ。週末前のポジション調整売りも想定され、買い先行後は前日の終値付近を小幅にもみ合う展開となる見込みだ。

日経平均の予想レンジは2万0000円─2万0200円。

前日の米国市場で主要株価指数はおおむね横ばいで取引を終えた。ヘルスケア関連株が買われる一方、金融株や生活必需品関連株は下落し、相場の重しとなった。

外為市場でドル/円JPY=は111円台前半と前日の東京市場の午後3時時点と変わらない水準だ。日経平均先物9月限は、大阪取引所の夜間終値が2万0120円。シカゴの円建て清算値が2万0100円を付けており、序盤はこれらの水準が意識されそうだ。

外部環境を手掛かりとした買いは期待できず、きょうも主力輸出株や金融株の上値は重くなるだろう。半面、個別に材料が出た銘柄や中小型株、新興市場への資金流入は続く見込みだ。

米連邦準備理事会(FRB)が22日公表した米銀34行の年次ストレステスト(健全性審査)の第一次審査の結果は全行が合格となり、買い安心感を誘いそうだ。

東洋証券ストラテジストの大塚竜太氏は「手掛かり難が続くが、トヨタ(7203.T)は連騰していることから、中長期の資金が入ってきているのだろう。きょうも2万円を割り込むことはないと予想する」と話している。

きょうは国内では、東京都議会選挙が告示される。海外では、米5月新規住宅販売件数が発表されるほか、米6月製造業PMI速報値の公表が控えている。

前営業日終値 年初来高値 年初来安値

日経平均.N225      20110.51 20318.11 18224.68

-28.28 2017年6月20日 2017年4月17日

シカゴ日経平均先物9月限 20100(円建て)

*内容を追加しました。

辻茉莉花

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below