Reuters logo
今日の株式見通し=続伸、外部環境の改善で買い戻しが継続
2017年9月11日 / 22:59 / 10日前

今日の株式見通し=続伸、外部環境の改善で買い戻しが継続

[東京 12日 ロイター] - きょうの東京株式市場で日経平均株価は、続伸が見込まれる。前日の米国株が大幅高。為替は1ドル109円台前半まで円安に振れるなど外部環境が改善している。東京市場でもリスクオフの巻き戻しが継続しそうだ。

1万9700円付近では戻り待ちの売りも出やすいとみられ、高寄りした後はもみ合う展開が予想される。

日経平均の予想レンジは1万9500円─1万9800円。

前日の米国株市場は、ダウ工業株30種が250ドル超の大幅高。S&P総合500種.SPXは終値として過去最高値を記録した。北朝鮮情勢への警戒感が後退したほか、ハリケーン「イルマ」がフロリダ州にもたらした被害が予想より小規模にとどまったことで安心感が広がった。シカゴの日経平均先物12月限(円建て)清算値は1万9550円。大阪取引所の夜間終値が1万9560円だった。市場筋によると、11月までの配当落ちの影響は130円程度。これを考慮すると朝方は買い先行で始まりそうだ。

国連安全保障理事会は11日、6回目の核実験を強行した北朝鮮に対する追加制裁決議案を全会一致で採択した。北朝鮮からの繊維輸出禁止や北朝鮮への原油輸出制限などを盛り込んだが、当初案から内容が弱めらる形となったことで、過度な警戒感は和らぐとみられる。市場では「北朝鮮情勢を警戒していた投資家から買い戻しが継続しそうだが、日本株はリバウンド2日目であり、高値圏では戻り待ちの売りも出やすい。買い一巡後は電気自動車関連など個別株物色にシフトする展開だろう」(東洋証券ストラテジストの大塚竜太氏)との声が出ていた。

きょうは国内、海外とも重要な経済指標の発表は予定されていない。

前営業日終値 年初来高値 年初来安値

日経平均.N225      19545.77 20318.11 18224.68

+270.95 2017年6月20日 2017年4月17日

シカゴ日経平均先物12月限 19550(円建て)

*内容を追加します。

河口浩一

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below