Reuters logo
UPDATE 1-今日の株式見通し=続伸、円安好感で買い先行 好需給も支え
2017年6月26日 / 23:22 / 3ヶ月前

UPDATE 1-今日の株式見通し=続伸、円安好感で買い先行 好需給も支え

 (内容を追加して更新します)
    [東京 27日 ロイター] - 
               前営業日終値      年初来高値        年初来安値
 日経平均              20153.35          20318.11          18224.68
               +20.68            2017年6月20日     2017年4月17日
 シカゴ日経平均先物9月限  20185(円建て)                     
 
    きょうの東京株式市場で日経平均株価は続伸が見込まれる。前日の米国株市場はまち
まちだったが、外為市場で1ドル111円台後半まで円安が進行している。輸出株などに
買いが先行しそうだ。きょうは6月末の権利付最終売買日となるため、配当分再投資の買
いも入るとみられ、需給面での支えになると予想される。
    
    日経平均の予想レンジは2万0100円─2万0300円。
    
    前日の米国株市場は、ダウ工業株30種とS&P総合500種が小幅に上昇。高値警
戒感からハイテク株が売られ、ナスダック総合は反落した。外為市場では、5月の米耐久
財受注が低調だったものの、ドル高・円安に振れている。シカゴの日経平均先物9月限(
円建て)清算値は2万0185円、大阪取引所の夜間終値は2万0180円だった。6―
8月の配当落ち分を考慮すると、朝方は2万0200円台が意識される。
    
    日中は手掛かり材料が乏しい。市場では「直近のボラティリティ低下が気がかりだが
、為替が落ち着いていれば売り材料もない。需給面からみても引き締まった値動きが見込
める」(東洋証券ストラテジストの大塚竜太氏)との声が出ている。きょうは6月末の権
利付最終売買日であり、配当取りの買いや機関投資家による配当分再投資の買いが大引け
に入るとみられている。3月期決算企業の株主総会シーズンに入り、配当金の払い込みが
始まっていることから個人の投資余力が増しているとの見方もある。
    
    主なスケジュールは、Fringe81がマザーズ市場に新規上場する。海
外では6月米コンファレンスボード消費者信頼感指数が発表される。

    
 (河口浩一)
  
 
 

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below