Reuters logo
UPDATE 1-今日の株式見通し=続落、米株安が重し 日銀のETF買い期待で下げ渋る場面も
2017年7月6日 / 23:23 / 2ヶ月前

UPDATE 1-今日の株式見通し=続落、米株安が重し 日銀のETF買い期待で下げ渋る場面も

 (内容を追加更新しました。)
    [東京 7日 ロイター] - 
             前営業日終値         年初来高値       年初来安値
                                                          
 日経平均            19994.06             20318.11         18224.68
                                                          
             -87.57               2017年6月20日    2017年4月17日
                                                          
 シカゴ日経平均先物9  19890(円建て)                       
 月限                                                       
 
    きょうの東京株式市場で日経平均株価は続落する見通しだ。前日の米株は下落、為替
もやや円高に振れており、売り優勢で始まると想定される。売り一巡後は日銀のETF(
上場投資信託)買いへの期待で下げ渋る場面も見られるだろう。今晩の米雇用統計の発表
や週末にかけてのドイツでの20カ国・地域(G20)首脳会議を前に、後場は様子見姿
勢が強まると見込まれる。
    
    日経平均の予想レンジは1万9800円─2万0000円。
    
    前日の米国株式市場で主要3指数はそろって下落した。雇用関連指標が低調だったこ
とや、北朝鮮情勢の緊迫化で売りが広がった。S&P500の下落率は5月17日
以来の大きさになった。
    
    オートマチック・データ・プロセッシング(ADP)などが発表した6月の民間部門
雇用者数の伸びは15万8000人と市場予想の18万5000人を下回った。また週間
新規失業保険申請件数も3週連続で増加。7日に米労働省が発表する6月雇用統計で非農
業部門雇用が弱めになるのではと懸念する売りが出た。
    
    外為市場でドル/円は113円台前半と昨日の午後3時時点とほぼ同水準。シカゴの
日経平均先物9月限(円建て)清算値は1万9890円、大阪取引所の夜間終値は1万9
870円と、ともに前日の現物株の終値をわずかに下回っている。序盤の東京市場は売り
優勢で始まりそうだ。
    
    一方、国内の10年最長期国債利回りは6日、2月15日以来の0.
100%を付けており、「日銀の指し値オペが入って利回りが低下すればドル高・円安と
なり日経平均はプラスに転じる場面もあるだろう。ただ、前日の米株安のインパクトは大
きく、ETFの配当金捻出の売りへの警戒感もある。基本的には軟調」(みずほ証券シニ
アテクニカルアナリストの三浦豊氏)との声が聞かれた。
    
    きょうは国内では5月毎月勤労統計速報や5月景気動向指数速報が公表される。大引
け後には、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が2016年度の運用実績を発
表する。海外ではG20首脳会議が8日までの日程でドイツのハンブルクで開幕する。

    
 (辻茉莉花)
  
 
 

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below