Reuters logo
トム・クルーズ、次回作のJ・リーチャーには「独特の残虐性」も
2016年10月18日 / 03:12 / 1年前

トム・クルーズ、次回作のJ・リーチャーには「独特の残虐性」も

[17日 ロイター] - 英作家リー・チャイルドの小説を基にしたアクション映画「アウトロー」の続編「ジャック・リーチャー: Never Go Back」のプレミア上映会が17日、ニューオーリンズで開かれ、主演のトム・クルーズが姿を見せた。

元軍人ジャック・リーチャーを演じたトム・クルーズは、同作には「ユーモア」もあるが、「独特の残虐性」もいくらかあると語った。

新作では、カナダ出身の女優コビー・スマルダーズ演じるリーチャーの元同僚ターナー少佐が、身に覚えのないスパイ容疑で逮捕される。リーチャーは彼女の汚名を晴らし、陰謀を暴く。

監督は、「ラストサムライ」のエドワード・ズウィック監督が務め、ニューオーリンズで撮影された。

日本公開は11月11日から。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below