その他
PR

スクエニHD、中国のオンラインゲーム会社と提携交渉=社長

2009年 09月 28日 22:30 JST
 
  • Mixiチェック

 [東京 28日 ロイター] スクウェア・エニックス・ホールディングス(9684.T: 株価, ニュース, レポート)の和田洋一社長は28日、ロイターのインタビューで、中国市場への本格進出を目指し、現地オンラインゲーム会社の数社と業務提携に向けて協議をしていることを明らかにした。

 ネットワーク経由のゲームソフト提供を想定しており、提携契約までに1―2年で交渉をまとめて「中国での足がかりを作りたい」と語った。

 海外事業を強化しているスクエニHDは、今年4月には英国のゲームソフト会社「アイドス」を完全子会社化して、欧州5カ国のほか米国、カナダの拠点を確保した。年内に日米欧の3極体制を確立する予定。現在のゲーム事業の海外売上高比率は5割程度にとどまるが、和田社長は、今後の海外売上高比率について「5年以内には7―8割に持って行く。もっと早くできるかもしれない」と述べた。

 目標とする海外売上高比率は中国も含むという。現在でも中国・北京に数十人規模の事業所があり、いくつかのゲームソフトをオンラインで提供しているが、売上高は3億円に満たない水準。和田社長は、本格進出するには地元企業と業務提携を結ぶことが必要との認識を示した上で、提携の形態として「個別タイトルを提供してロイヤリティーを確保する。共同開発もあるかもしれない」との考えを示した。

 2003年にゲームソフト大手のスクウェアとエニックスが合併して発足した同社は、05年にゲームセンター事業のタイトーを買収し、08年に現在の持ち株会社の体制になった。今年のアイドス買収などにみられるように積極的なM&A(合併・買収)で事業を拡大させてきたが、今後のM&Aについて和田社長は「今後1―2年は想定してない」と述べた。欧米市場はアイドスとの経営統合を進めている最中で、中国での資本参加は「外資規制もあるので考えていない」という。

 また、和田社長は、スクエニの中期的な経営目標として、3―5年で経常利益500億円を目指す考えを示した。2010年3月期計画は250億円で2倍の水準。過去最高の経常利益は2007年3月期の262億円(訂正)だった。

 <大型ソフトを8本くらいにしたい>

 今年7月に発売した人気ソフトの「ドラゴンクエスト9」は国内出荷が400万本を突破した。次の目標としている500万本超えについて和田社長は「年度内にはと思っている」と述べたが、年内達成についても「営業にはプレッシャーをかけている」という。   続く...

 
写真

サイバー攻撃に相応の対応

ソニー子会社へのサイバー攻撃について、ホワイトハウスは深刻な国家安全保障問題と認識、相応の対処を検討中とした。
  記事の全文 | 特集ページ 

 

注目の商品

 9月28日、スクウェア・エニックス・ホールディングス<9684.T>の和田洋一社長、ロイターのインタビューで、中国市場への本格進出を目指し、現地オンラインゲーム会社の数社と業務提携に向けて協議をしていることを明らかにした(2009年 ロイター/Kiyoshi Ota)

外国為替フォーラム

写真
超高度成長は終わったか

中国経済は、向こう20年どのくらい成長するのだろうか。大半のエコノミストは、過去のGDP伸び率をそれほど下回らないと予想しているが、世界的な観点から見れば、拡大解釈のように見える。
  記事の全文 | 特集ページ 

写真

映画「日本と原発」を観た。中電・浜岡原発の運転差し止め訴訟など、裁判を通じて脱原発活動を続けてきた河合弘之弁護士が監督、主演したドキュメンタリー作品だ。  記事の全文 

ロイターの公式アカウントはこちら!