イオンの「トップバリュ」、年間売上高10億円超の商品拡大

2010年 03月 3日 18:03 JST
 
  • Mixiチェック

 [千葉 3日 ロイター] イオン(8267.T: 株価, ニュース, レポート)は3日、グループのプライベートブランド(PB)「トップバリュ」について、1品目の年間売上高10億円以上の商品を2013年2月期までに300品目に拡大させる方針を示した。10年2月期は50品目程度だった。

 久木邦彦・執行役グループ商品責任者が説明会で述べた。

 こうした商品を増やすことで「客数増が見込めるだろう。また、グループ全社で取り扱うことで、コストの引き下げにもつながる」と述べた。グループ力を武器に1品目のボリュームが増えれば、調達や物流面でも効果が大きくなる。始まったばかりの2011年2月期は、100品目程度を目指す。

 「トップバリュ」の価格面については「今後も緩めることはない。価格面での対応を継続しながら、新しい価値を追加していく」とした。

 新しい価値としては、例えば、通常の「トップバリュ」よりは高めの価格設定で「トップバリュセレクト」を投入。「トップバリュ」よりもさらに低価格の「ベストプライス」と併せ、同一カテゴリーで3層の価格設定を行っていく。「欧米のPBは、どれも3層構造。こうすることで、カテゴリー全体をカバーでき、PBが強くなる」という。

 2009年のトップバリュの売上高は4500億円で、前年比20%程度伸びた。ただ、経済環境の悪化や衣料品や住関連商品の売上げ不振により、2011年2月期に7500億円としていた目標については「1年―1年半、計画達成が遅れる」とした。2011年2月期は、5600億円程度を見込んでいる。

 
写真

足元の円安は「荒い動き」

麻生太郎財務相は、足元の円安について「荒い動き」とし、注視していく考えを示した。急ピッチで進む円安をけん制した。
  記事の全文 | 特集ページ 

 

注目の商品

 3月3日、イオンはPB「トップバリュ」について、1品目の年間売上高10億円以上の商品を2013年2月期までに300品目に拡大させる方針を示した。写真は都内の同社店舗で2009年7月撮影(2010年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

外国為替フォーラム

写真
「リスクオンの円安」継続へ

3月以降の商品高・ドル安基調が緩やかながらも維持されることで、「リスクオンの円安」は継続すると、大和証券の亀岡裕次氏は予想。  記事の全文 

 
写真
原油に波乱再び、6月下落か

底打ち感が強まる原油相場だが、6月には下値方向で波乱がありそうだと、資源・食糧問題研究所の柴田明夫代表は指摘。   記事の全文 | ビデオ 

 
米国経済に悲観無用=村上尚己氏
 
年内ドル110円か130円か=佐々木融氏
 
ユーロ高示唆する欧州株高=斉藤洋二氏
 
米利上げ「時機」逸したか=鈴木敏之氏
 
GDPに歪み、勝負は7月=岩下真理氏
写真
残る「リーマンの亡霊」

リーマンショックの傷跡は、いまだに至る所に残っている。  記事の全文 

 
写真
FIFA内部の闇に挑む

幹部9人の起訴は衝撃だが、決して予想外の事態ではない。  記事の全文 

 
写真
米国の「危険な賭け」

南シナ海で人工島建設する中国に対し、米軍関係者は強硬姿勢を訴え。  記事の全文 | 関連記事 

 
限界に近づく中国株ブーム
 
ギリシャ最良の道は「2度目の総選挙」
 
中国の不良債権、日本の「失敗」に学べ
写真
金融機関にも調査の手

FIFA副会長含む14人が贈収賄に関与したとして米当局に起訴された問題で、12以上の金融機関も関与の疑い。  記事の全文 | 関連記事 

ロイターの公式アカウントはこちら!