その他
PR

パプアニューギニアでM7規模の連続地震、一時津波警報

2010年 07月 19日 09:12 JST
 
  • Mixiチェック

 [ジャカルタ 18日 ロイター] パプアニューギニアで18日、マグニチュード(M)7クラスの地震が連続して発生した。インドネシア当局は津波警報を出したが、間もなく解除。地震による被害の情報はない。

 米地質調査所(USGS)によると、最初の地震はニューブリテン島カンドリアンの東117キロが震源。インドネシア当局は、2回目の地震のマグニチュードは7.1だったとしている。

 パプアニューギニアの首都ポートモレスビーの当局者によると、ニューブリテン島の港町キンベでは揺れを感じたが、家屋の倒壊など被害は今のところ報告されていないという。

 
写真

エボラ流行の「本当の原因」

アフリカ西部で「制御不能」となっているエボラ出血熱。約700人が死亡したが、感染拡大の根底には「信頼の欠如」がある。
  記事の全文 | 関連記事 

 

注目の商品

外国為替フォーラム

写真
「グローバル化」の終焉

制裁に対するプーチン大統領の報復措置には、マクドナルドへの攻撃も含まれるようだ。地政学が経済グローバル化を逆行させる例として、これ以上象徴的な動きはない。それは1つのインターネットの時代にピリオドを打つ可能性も。
  記事の全文 | 関連記事 

写真

5月末に長崎県の五島列島を訪れた。豊穣な海に囲まれた島々は緑に輝き、素朴な町並みから少し外れた川沿いでは、夜になると蛍が乱舞する。  記事の全文 

ロイターの公式アカウントはこちら!