その他
PR

パプアニューギニアでM7規模の連続地震、一時津波警報

2010年 07月 19日 09:12 JST
 
  • Mixiチェック

 [ジャカルタ 18日 ロイター] パプアニューギニアで18日、マグニチュード(M)7クラスの地震が連続して発生した。インドネシア当局は津波警報を出したが、間もなく解除。地震による被害の情報はない。

 米地質調査所(USGS)によると、最初の地震はニューブリテン島カンドリアンの東117キロが震源。インドネシア当局は、2回目の地震のマグニチュードは7.1だったとしている。

 パプアニューギニアの首都ポートモレスビーの当局者によると、ニューブリテン島の港町キンベでは揺れを感じたが、家屋の倒壊など被害は今のところ報告されていないという。

 
写真

さらなる円安は経済にプラスか

円安がインフレ率を押し上げる力は強くなっており、経済へのマイナスの影響には注意が必要とJPモルガンの佐々木氏は指摘。
  記事の全文 | 特集ページ 

 

注目の商品

外国為替フォーラム

アジアの軍事力

写真
「基地攻撃能力」の是非

日本が検討する敵基地攻撃能力の保有をめぐり、自衛隊が「盾」、米軍が「矛」という同盟構造を塗り替え、中国などを刺激しかねないため、米国は慎重な対応を要求している。  記事の全文 

ロイターの公式アカウントはこちら!