その他
PR

パプアニューギニアでM7規模の連続地震、一時津波警報

2010年 07月 19日 09:12 JST
 
  • Mixiチェック

 [ジャカルタ 18日 ロイター] パプアニューギニアで18日、マグニチュード(M)7クラスの地震が連続して発生した。インドネシア当局は津波警報を出したが、間もなく解除。地震による被害の情報はない。

 米地質調査所(USGS)によると、最初の地震はニューブリテン島カンドリアンの東117キロが震源。インドネシア当局は、2回目の地震のマグニチュードは7.1だったとしている。

 パプアニューギニアの首都ポートモレスビーの当局者によると、ニューブリテン島の港町キンベでは揺れを感じたが、家屋の倒壊など被害は今のところ報告されていないという。

 
写真

大半が労働力確保「困難」に

ロイター企業調査では、大半の企業が人材確保が困難になっていると回答。全体の4割が人件費増が減益要因になる可能性を指摘。  記事の全文 | 特集ページ 

 

注目の商品

外国為替フォーラム

写真
「株価PKO」本格化も

日本株市場では信託銀行を経由した公的資金の買いが膨らみ、1990年代に起きた政府主導のPKO(株価維持策)を想起させた。
  記事の全文 | 特集ページ 

ロイターの公式アカウントはこちら!