PR

パプアニューギニアでM7規模の連続地震、一時津波警報

2010年 07月 19日 09:12 JST
 
  • Mixiチェック

 [ジャカルタ 18日 ロイター] パプアニューギニアで18日、マグニチュード(M)7クラスの地震が連続して発生した。インドネシア当局は津波警報を出したが、間もなく解除。地震による被害の情報はない。

 米地質調査所(USGS)によると、最初の地震はニューブリテン島カンドリアンの東117キロが震源。インドネシア当局は、2回目の地震のマグニチュードは7.1だったとしている。

 パプアニューギニアの首都ポートモレスビーの当局者によると、ニューブリテン島の港町キンベでは揺れを感じたが、家屋の倒壊など被害は今のところ報告されていないという。

 
写真

ウクライナ軍も重火器撤去

ウクライナ軍は、親ロシア派武装勢力との紛争が続いている同国東部の停戦ラインから重火器の撤去を開始したと発表。
  記事の全文 | 特集ページ 

 

注目の商品

外国為替フォーラム

ロイターの公式アカウントはこちら!