著名ファンドマネジャーのドラッケンミラー氏引退へ

2010年 08月 19日 14:34 JST
 
  • Mixiチェック

 [ニューヨーク/ボストン 18日 ロイター] ジョージ・ソロス氏の片腕としてかつて英ポンド売りを主導したファンドマネジャー、スタンレー・ドラッケンミラー氏(57)が、自身のヘッジファンドを閉鎖し、引退することを表明した。

 ドラッケンミラー氏は120億ドルを運用するデュケーヌ・キャピタル・マネジメントの最高経営責任者(CEO)。投資家への書簡で、最近の運用成績は不満とし、ファンド運営は仕事としても個人的にも負担になっているとし、これ以上続けられないと述べた。

 デュケーヌ・キャピタルは成長重視のバリュー株への投資で知られている。ドラッケンミラー氏は、30年間負け知らずで、長年にわたり年平均30%の投資収益率をあげていた。しかし広報担当者によると、今年はマイナス5%になっているという。

 第2・四半期末の保有上位5銘柄は、アップル(AAPL.O: 株価, 企業情報, レポート)、ウェルズ・ファーゴ(WFC.N: 株価, 企業情報, レポート)、マクドナルド(MCD.N: 株価, 企業情報, レポート)、JPモルガン・チェース(JPM.N: 株価, 企業情報, レポート)、シスコ・システムズ(CSCO.O: 株価, 企業情報, レポート)。

 同氏はソロス・ファンド・マネジメントでの運用責任者として金利・為替も手掛け、英国の欧州通貨制度(ERM)離脱を招いた1992年の英ポンドへの売り浴びせでは、10億ドルを稼ぎだしていた。

 10年前にソロス氏が傘下のクォンタムファンドの投資戦略を変更、ドラッケンミラー氏はソロス氏のファンドを離れ、その前年に設立していたデュケーヌ・キャピタルの運用に専念していた。


 
 
写真

南シナ海めぐる「危険な賭け」

南沙諸島で人工島の建設を加速させている中国。これに対し、米軍関係者の間には対中強硬姿勢を訴える声が強まっている。
  記事の全文 | 関連記事 

 

注目の商品

 8月18日、ジョージ・ソロス氏の片腕としてかつて英ポンド売りを主導したファンドマネジャー、ドラッケンミラー氏が引退を発表。写真はソロス氏(右)とドラッケンミラー氏。2000年4月撮影(2010年 ロイター/Peter Morgan)

外国為替フォーラム

写真
年内にドル110円か130円か

年間レンジの傾向から、ドル円は年後半にヤマ場を迎え、110円か130円のいずれかを目指すとJPモルガンの佐々木融氏は予想。  記事の全文 

 
写真
FRBは利上げ時機逃したか

米国金融政策の行方は極めて不透明になっており、利上げの時機を逸した可能性もあると、三菱東京UFJ銀行の鈴木敏之氏は分析。   記事の全文 

 
GDPに歪み、勝負は7月=岩下真理氏
 
買い戻しに耐えた円安=唐鎌大輔氏
 
ギリシャ危機でユーロ反落か=鈴木健吾氏
 
格下げは悪い円安予兆か=植野大作氏
 
円売り再燃で125円も=池田雄之輔氏
写真
米国の「危険な賭け」

南シナ海で人工島建設する中国に対し、米軍関係者は強硬姿勢を訴え。  記事の全文 

 
写真
インドで味わう「苦い教訓」

出資したインドの不動産サイトでソフトバンクが学ぶ苦い教訓とは。  記事の全文 

 
写真
長期金利のカギは「時間軸」

米欧長期金利の安定化のカギはゼロ金利の「時間軸」だ。  記事の全文 | 関連記事 

 
「同盟国のうそ」見て見ぬふりが賢明か
 
イスラム国からラマディ「奪還」の方程式
 
今の市場は「根拠なき熱狂」か

ロイターの公式アカウントはこちら!