著名ファンドマネジャーのドラッケンミラー氏引退へ

2010年 08月 19日 14:34 JST
 
  • Mixiチェック

 [ニューヨーク/ボストン 18日 ロイター] ジョージ・ソロス氏の片腕としてかつて英ポンド売りを主導したファンドマネジャー、スタンレー・ドラッケンミラー氏(57)が、自身のヘッジファンドを閉鎖し、引退することを表明した。

 ドラッケンミラー氏は120億ドルを運用するデュケーヌ・キャピタル・マネジメントの最高経営責任者(CEO)。投資家への書簡で、最近の運用成績は不満とし、ファンド運営は仕事としても個人的にも負担になっているとし、これ以上続けられないと述べた。

 デュケーヌ・キャピタルは成長重視のバリュー株への投資で知られている。ドラッケンミラー氏は、30年間負け知らずで、長年にわたり年平均30%の投資収益率をあげていた。しかし広報担当者によると、今年はマイナス5%になっているという。

 第2・四半期末の保有上位5銘柄は、アップル(AAPL.O: 株価, 企業情報, レポート)、ウェルズ・ファーゴ(WFC.N: 株価, 企業情報, レポート)、マクドナルド(MCD.N: 株価, 企業情報, レポート)、JPモルガン・チェース(JPM.N: 株価, 企業情報, レポート)、シスコ・システムズ(CSCO.O: 株価, 企業情報, レポート)。

 同氏はソロス・ファンド・マネジメントでの運用責任者として金利・為替も手掛け、英国の欧州通貨制度(ERM)離脱を招いた1992年の英ポンドへの売り浴びせでは、10億ドルを稼ぎだしていた。

 10年前にソロス氏が傘下のクォンタムファンドの投資戦略を変更、ドラッケンミラー氏はソロス氏のファンドを離れ、その前年に設立していたデュケーヌ・キャピタルの運用に専念していた。


 
 
写真

ギリシャ観光業「書き入れ時」直撃

資本統制は最悪のタイミングでギリシャ経済を襲った。観光がピークシーズンを迎えようという正ににその時にやってきた。
  記事の全文 | 関連記事 

 

注目の商品

 8月18日、ジョージ・ソロス氏の片腕としてかつて英ポンド売りを主導したファンドマネジャー、ドラッケンミラー氏が引退を発表。写真はソロス氏(右)とドラッケンミラー氏。2000年4月撮影(2010年 ロイター/Peter Morgan)

外国為替フォーラム

写真
脱デフレへ「円安期待」維持を

日本の根強いデフレ心理を拭い去るためには、理論値をやや下回る円安期待の維持が必要になると新生銀の政井貴子氏は指摘。  記事の全文 

 
写真
ギリシャ離脱か、今後の行方

ユーロに離脱規定がない以上、ギリシャが残留を希望すれば、デフォルト後も居座りは可能と第一生命経済研の田中理氏は指摘。  記事の全文 

 
米利上げ前に円高到来か=亀岡裕次氏
 
ドル円続伸阻む日米事情=内田稔氏
 
株高「サマーラリー」は続くか=岩下真理氏
 
ユーロはなぜ堅調なのか=唐鎌大輔氏
写真
ギリシャ観光シーズン直撃

観光シーズンを迎えるまさに最悪のタイミングで資本統制が始まった。  記事の全文 | 関連記事 

 
写真
反ユーロの口実与えるな

ECBはユーロ脱退へとギリシャを導く口実をチプラス首相に与えてはならない。  記事の全文 

 
写真
中国軍事力は「紙の龍」か

中国は自国近海から遠い出来事への介入には無力だ。  記事の全文 | 関連記事 

 
動き出した「非製造業」の成長エンジン
 
内政挫折のオバマ氏が狙う外交「遺産」
 
「中国IPOの狂乱」体現する国泰君安証券
写真
中国「犬肉祭り」に思うこと

「犬を食べるのと、牛や豚や羊など他の家畜を食べるのと何が違うんだ」──中国国内でも物議を醸す「犬肉祭り」の地元住民はこう語る。  記事の全文 | スライドショー 

ロイターの公式アカウントはこちら!