その他
PR

情報BOX:1900年以降発生の大規模地震上位10

2011年 03月 14日 09:39 JST
 
  • Mixiチェック

 [11日 ロイター] 1900年以降に発生した大規模地震上位10は以下のとおり(マグニチュード順)。 

 ◎チリ地震(1960年5月22日):マグニチュード(M)9.5、サンティアゴやコンセプシオンを中心に発生。津波や火山の噴火が起き、5000人が死亡、200万人が住居を失う。  

 ◎アラスカ地震(1964年3月28日):M9.2、アラスカ州やカナダのユーコン準州、ブリティッシュコロンビア州に被害。津波で125人死亡、被害額3億1000万ドル。

 ◎スマトラ島沖地震(2004年12月26日):M9.1、津波が発生し、スリランカ、タイ、インドネシア、インドほか9カ国で死者数22万6000人。 

 ◎カムチャツカ地震(1952年11月4日):M9.0、津波が発生しハワイまで到達。死者は報告されていない。 

 ◎東日本大地震(2011年3月11日):M8.9(米地質調査所調べ)。 

 ◎チリ地震(2010年2月27日):M8.8、津波により500人以上が死亡、損害額3000億ドル。 

 ◎エクアドル地震(1906年1月31日):M8.8、エクアドルやコロンビアに被害、津波で死者1000人近く。    続く...

 
写真

消費増税「断行」を世界が警戒

日本の消費増税について世界が警戒するリスクは先送りではなく、来年断行することだとアライアンス・バーンスタインの村上氏は指摘。  記事の全文 | 特集ページ 

 

注目の商品

外国為替フォーラム

写真

宮城県の政財界では、カジノ推進派が、東日本大震災から3年を経過しても進まない復興を加速させる「切り札」として誘致に期待感を高めている。  記事の全文 

ロイターの公式アカウントはこちら!