その他

情報BOX:1900年以降発生の大規模地震上位10

2011年 03月 14日 09:39 JST
 
  • Mixiチェック

 [11日 ロイター] 1900年以降に発生した大規模地震上位10は以下のとおり(マグニチュード順)。 

 ◎チリ地震(1960年5月22日):マグニチュード(M)9.5、サンティアゴやコンセプシオンを中心に発生。津波や火山の噴火が起き、5000人が死亡、200万人が住居を失う。  

 ◎アラスカ地震(1964年3月28日):M9.2、アラスカ州やカナダのユーコン準州、ブリティッシュコロンビア州に被害。津波で125人死亡、被害額3億1000万ドル。

 ◎スマトラ島沖地震(2004年12月26日):M9.1、津波が発生し、スリランカ、タイ、インドネシア、インドほか9カ国で死者数22万6000人。 

 ◎カムチャツカ地震(1952年11月4日):M9.0、津波が発生しハワイまで到達。死者は報告されていない。 

 ◎東日本大地震(2011年3月11日):M8.9(米地質調査所調べ)。 

 ◎チリ地震(2010年2月27日):M8.8、津波により500人以上が死亡、損害額3000億ドル。 

 ◎エクアドル地震(1906年1月31日):M8.8、エクアドルやコロンビアに被害、津波で死者1000人近く。    続く...

 
写真

中国、上場取り止め企業が続出

中国では、IPOをめぐる証券監督当局の方向性が見極められず、今年の本土での上場を取り止める動きが相次いでいる。
  記事の全文 | 特集ページ 

 

注目の商品

写真
中国国有企業改革の課題

中国のCITICパシフィックが親会社の主要部門CITICリミテッドを365億ドルで買収。CITICの大胆な行動は中国の国有企業にとっては恐らく最も実験的な試みだ。  記事の全文 | 関連記事 

写真

吉野家HDなど牛丼3社に限らず、消費増税に対する小売り対応はまちまちだ。株式市場は値上げ、値下げのどちらに軍配をあげるのか。  記事の全文 

外国為替フォーラム

ロイターの公式アカウントはこちら!