PR

情報BOX:1900年以降発生の大規模地震上位10

2011年 03月 14日 09:39 JST
 
  • Mixiチェック

 [11日 ロイター] 1900年以降に発生した大規模地震上位10は以下のとおり(マグニチュード順)。 

 ◎チリ地震(1960年5月22日):マグニチュード(M)9.5、サンティアゴやコンセプシオンを中心に発生。津波や火山の噴火が起き、5000人が死亡、200万人が住居を失う。  

 ◎アラスカ地震(1964年3月28日):M9.2、アラスカ州やカナダのユーコン準州、ブリティッシュコロンビア州に被害。津波で125人死亡、被害額3億1000万ドル。

 ◎スマトラ島沖地震(2004年12月26日):M9.1、津波が発生し、スリランカ、タイ、インドネシア、インドほか9カ国で死者数22万6000人。 

 ◎カムチャツカ地震(1952年11月4日):M9.0、津波が発生しハワイまで到達。死者は報告されていない。 

 ◎東日本大地震(2011年3月11日):M8.9(米地質調査所調べ)。 

 ◎チリ地震(2010年2月27日):M8.8、津波により500人以上が死亡、損害額3000億ドル。 

 ◎エクアドル地震(1906年1月31日):M8.8、エクアドルやコロンビアに被害、津波で死者1000人近く。    続く...


 
写真

1バレル=20ドル時代も視野に

原油安が1年以上続くとの見方が強まってきた。ファンドマネジャーらは、原油安の恩恵を享受できる有望銘柄の物色を続ける。
  記事の全文 | 関連記事 

 

注目の商品

外国為替フォーラム

写真
副操縦士、会社に病気隠す

独機墜落事故で、故意に機体を降下させたとみられている副操縦士が会社に対して病気を隠していたことを示す証拠が見つかったと、ドイツ検察当局が発表。
  記事の全文 | スライドショー 

ロイターの公式アカウントはこちら!