2011年世界自動車生産、トヨタは首位から3位に転落の可能性

2011年 04月 26日 01:49 JST
 
  • Mixiチェック

 [東京 25日 ロイター] トヨタ自動車(7203.T: 株価, ニュース, レポート)の2011年の世界生産台数が東日本大震災によるサプライチェーンの混乱の影響を受け、ここ数年維持している首位の座から転落し、3位に後退する可能性が出てきた。

 トヨタの3月の国内生産は前年同月比62.7%減の12万9491台、世界生産実績は同29.9%減の54万2465台となった。

 トヨタは2008年以降、世界の生産台数で首位に立っている。

 アドバンスト・リサーチのマネジングディレクター遠藤功治氏は、トヨタの今年の販売台数を約650万台と予想している。ゼネラル・モーター(GM)(GM.N: 株価, 企業情報, レポート)は800万台超、フォルクスワーゲン(VW)は約700万台となる公算が大きいとし、GMがトップに躍進し、トヨタは3位に後退するとの見方を示した。 

 トヨタの生産台数について、他のアナリストは約630─700万台との見通しを示している。

 前年の販売台数はトヨタが842万台、GMは839万台だった。


 
 
写真

リーマン危機と共通する「リスク」

ギリシャ危機とリーマン・ショックとの比較で、この先を予想しようというムードが浮上。共通しているのは「予想外の連鎖」だ。
  記事の全文 | 特集ページ 

 

注目の商品

 4月25日、トヨタ自動車の2011年世界生産台数が震災による影響で、首位の座から転落し、3位に後退する可能性が出てきた。写真は昨年3月ジュネーブの自動車ショーで撮影(2011年 ロイター/Valentin Flauraud)

外国為替フォーラム

写真
ギリシャ離脱か、今後の行方

ユーロに離脱規定がない以上、ギリシャが残留を希望すれば、デフォルト後も居座りは可能と第一生命経済研の田中理氏は指摘。  記事の全文 

 
写真
サービス生産性革命に現実味

日本経済にとって長年の課題であるサービス産業の生産性向上は脱デフレで現実味を増すとSMBC日興証券の嶋津洋樹氏は分析。  記事の全文 

 
脱デフレへ円安期待維持を=政井貴子氏
 
米利上げ前に円高到来か=亀岡裕次氏
 
ドル円続伸阻む日米事情=内田稔氏
 
株高「サマーラリー」は続くか=岩下真理氏
写真
国民投票する「真の理由」

ユーロ離脱に近づくギリシャが国民投票する「本当の理由」とは。  記事の全文 | 関連記事 

 
写真
ギリシャ観光シーズン直撃

観光シーズンを迎えるまさに最悪のタイミングで資本統制が始まった。  記事の全文 | 関連記事 

 
写真
「口先」以上のテコ入れを

中国株回復には単なる「リップサービス」以上のものが必要だ。  記事の全文 | 関連記事 

 
中国「軍事力」が米国に遠く及ばない理由
 
内政挫折のオバマ氏が狙う外交「遺産」
 
動き出した「非製造業」の成長エンジン

ロイターの公式アカウントはこちら!