その他
PR

2011年世界自動車生産、トヨタは首位から3位に転落の可能性

2011年 04月 26日 01:49 JST
 
  • Mixiチェック

 [東京 25日 ロイター] トヨタ自動車(7203.T: 株価, ニュース, レポート)の2011年の世界生産台数が東日本大震災によるサプライチェーンの混乱の影響を受け、ここ数年維持している首位の座から転落し、3位に後退する可能性が出てきた。

 トヨタの3月の国内生産は前年同月比62.7%減の12万9491台、世界生産実績は同29.9%減の54万2465台となった。

 トヨタは2008年以降、世界の生産台数で首位に立っている。

 アドバンスト・リサーチのマネジングディレクター遠藤功治氏は、トヨタの今年の販売台数を約650万台と予想している。ゼネラル・モーター(GM)(GM.N: 株価, 企業情報, レポート)は800万台超、フォルクスワーゲン(VW)は約700万台となる公算が大きいとし、GMがトップに躍進し、トヨタは3位に後退するとの見方を示した。 

 トヨタの生産台数について、他のアナリストは約630─700万台との見通しを示している。

 前年の販売台数はトヨタが842万台、GMは839万台だった。

 
写真

「通貨切り下げ」を始めた日銀

日銀が事実上の通貨切り下げを始めたことで、ドル円は来年9月までに120円に達する可能性があるとJPモルガンの佐々木氏は分析。  記事の全文 | 特集ページ 

 

注目の商品

 4月25日、トヨタ自動車の2011年世界生産台数が震災による影響で、首位の座から転落し、3位に後退する可能性が出てきた。写真は昨年3月ジュネーブの自動車ショーで撮影(2011年 ロイター/Valentin Flauraud)

外国為替フォーラム

写真
首相周辺で増税延期優勢

消費税率10%への引き上げについて、首相周辺で1年半程度の増税延期が望ましいとの意見が優勢になっていることが明らかに。  記事の全文 

ロイターの公式アカウントはこちら!