その他
PR

米東部の地震でバージニア州の原子炉2基が運転停止

2011年 08月 24日 04:48 JST
 
  • Mixiチェック

 [ヒューストン 23日 ロイター] 米東部で23日発生した地震を受け、バージニア州ノース・アナ原子力発電所の原子炉2基が運転を停止した。米原子力規制委員会(NRC)が明らかにした。

 NRCによると、運転が止まったのはドミニオン・リソーシズ(D.N: 株価, 企業情報, レポート)の原子炉2基。外部電源が絶たれたものの、ディーゼル発電機は作動しているという。

 ドミニオンのバージニア州・サリー原発の2基は運転を続けている。

 NRCによれば、ニューヨーク、ニュージャージー、ペンシルベニア、メリーランド各州の原発に影響はない。地震により複数の原子炉で通常と異なる事象が確認されたが、大きな被害は報告されていないという。

 
写真

円安ストーリーに死角はあるか

為替市場では6週間で7円超のドル高・円安が進行。スピード違反との見方が増える一方で、円安予想は盤石との声も多い。
  記事の全文 | 特集ページ 

 

注目の商品

 8月23日、米東部で発生した地震を受け、バージニア州ノース・アナ原子力発電所の原子炉2基が運転を停止した。ペンタゴン・シティ・モールの従業員のようす(2011年 ロイター/Jason Reed)

外国為替フォーラム

写真
円安容認の分岐点は115円

円安容認と反対の勢力図が逆転する水準はどこか。120円は行き過ぎの声があることを踏まえれば、115円超の円安には、政府から何らかのメッセージが出てくるかもしれない。  記事の全文 

ロイター調査

写真
ドル112円、株1万8500円も

急ピッチで進む円安・株高。19日実施した緊急市場調査では、年末までにドル112円、株1万8500円を見込む市場関係者も。  記事の全文 

ロイターの公式アカウントはこちら!