米雇用統計:識者はこうみる

2012年 05月 5日 00:58 JST
 
  • Mixiチェック

[ニューヨーク 4日 ロイター] 米労働省が4日発表した4月の雇用統計によると、非農業部門雇用者数は前月比11万5000人増にとどまり、予想の17万人増を大幅に下回った。増加の鈍化は3カ月連続で、米経済が勢いを失いつつあることが裏付けられた。

市場関係者の見方は以下の通り。

●雇用の伸びは基調的に鈍化、FRBの政策変わらず

<4キャストのエコノミスト、ショーン・インクレモナ氏>

前月に続く弱い数字で失望する内容。前月の数字が上方修正されたが、天候による影響がみられ、雇用の伸びの基調的な鈍化を示している。

連邦準備理事会(FRB)の政策がこの段階で変わるとは思わないが、雇用の伸びが加速しておらず、減速する公算が大きいことから、FRBは明らかに警戒姿勢を強めるだろう。

●FRBによるQE3の可能性高まる

<ウェルズ・ファーゴ・プライベート・バンクの投資戦略部門マネージング・ディレクター、ロン・フローランス氏>   続く...


 
 
 

注目の商品

5月4日、同日発表された4月の雇用統計は、非農業部門雇用者数が前月比11万5000人増にとどまり、予想の17万人増を大幅に下回った。増加の鈍化は3カ月連続で米経済が勢いを失いつつあることを裏付けた。写真はジョブフェアへの入場を待つ参加者。ニューヨークで4月撮影(2012年 ロイター/Shannon Stapleton)

外国為替フォーラム

写真
年内にドル110円か130円か

年間レンジの傾向から、ドル円は年後半にヤマ場を迎え、110円か130円のいずれかを目指すとJPモルガンの佐々木融氏は予想。  記事の全文 

 
写真
FRBは利上げ時機逃したか

米国金融政策の行方は極めて不透明になっており、利上げの時機を逸した可能性もあると、三菱東京UFJ銀行の鈴木敏之氏は分析。   記事の全文 

 
ビデオ:原油もうひと波乱=柴田明夫氏
 
GDPに歪み、勝負は7月=岩下真理氏
 
買い戻しに耐えた円安=唐鎌大輔氏
 
ギリシャ危機でユーロ反落か=鈴木健吾氏
 
格下げは悪い円安予兆か=植野大作氏
写真
米国の「危険な賭け」

南シナ海で人工島建設する中国に対し、米軍関係者は強硬姿勢を訴え。  記事の全文 

 
写真
インドで味わう「苦い教訓」

出資したインドの不動産サイトでソフトバンクが学ぶ苦い教訓とは。  記事の全文 

 
写真
長期金利のカギは「時間軸」

米欧長期金利の安定化のカギはゼロ金利の「時間軸」だ。  記事の全文 | 関連記事 

 
「同盟国のうそ」見て見ぬふりが賢明か
 
イスラム国からラマディ「奪還」の方程式
 
今の市場は「根拠なき熱狂」か

ロイターの公式アカウントはこちら!