米雇用統計:識者はこうみる

2012年 05月 5日 00:58 JST
 
  • Mixiチェック

[ニューヨーク 4日 ロイター] 米労働省が4日発表した4月の雇用統計によると、非農業部門雇用者数は前月比11万5000人増にとどまり、予想の17万人増を大幅に下回った。増加の鈍化は3カ月連続で、米経済が勢いを失いつつあることが裏付けられた。

市場関係者の見方は以下の通り。

●雇用の伸びは基調的に鈍化、FRBの政策変わらず

<4キャストのエコノミスト、ショーン・インクレモナ氏>

前月に続く弱い数字で失望する内容。前月の数字が上方修正されたが、天候による影響がみられ、雇用の伸びの基調的な鈍化を示している。

連邦準備理事会(FRB)の政策がこの段階で変わるとは思わないが、雇用の伸びが加速しておらず、減速する公算が大きいことから、FRBは明らかに警戒姿勢を強めるだろう。

●FRBによるQE3の可能性高まる

<ウェルズ・ファーゴ・プライベート・バンクの投資戦略部門マネージング・ディレクター、ロン・フローランス氏>   続く...


 
 
写真

今後2日で資金枯渇も

関係筋によると、ギリシャが債権団と支援策で合意しない限り、同国の銀行は今後2日で資金が枯渇し始める可能性がある。
  記事の全文 | 特集ページ 

 

注目の商品

5月4日、同日発表された4月の雇用統計は、非農業部門雇用者数が前月比11万5000人増にとどまり、予想の17万人増を大幅に下回った。増加の鈍化は3カ月連続で米経済が勢いを失いつつあることを裏付けた。写真はジョブフェアへの入場を待つ参加者。ニューヨークで4月撮影(2012年 ロイター/Shannon Stapleton)

外国為替フォーラム

写真
財政再建「2つの教訓」

今回の骨太方針には、財政健全化のための重要な「2つの教訓」が生かされていないとBNPパリバ証券の河野龍太郎氏は指摘。  記事の全文 

 
写真
ギリシャ瀬戸際外交は敗北へ

国民投票で緊縮策を拒んだギリシャの瀬戸際外交は勝利せず、ユーロの秩序は保たれると第一生命経済研の熊野英生氏は予想。   記事の全文 

 
ギリシャ離脱は非現実的=村田雅志氏
 
ギリシャ以外にも円高材料=中窪文男氏
 
ギリシャ破綻後のシナリオ=田中理氏
 
サービス生産性革命の曙光=嶋津洋樹氏
写真
ユーロ圏残留は困難に

緊縮策に国民が「ノー」を突き付けたことで、ギリシャのユーロ圏残留は難しくなるだろう。  記事の全文 | 関連記事 

 
写真
「ノー」が欧州に迫る決断

ギリシャの緊縮「ノー」でユーロ圏首相が下す2つの重い決断とは。  記事の全文 | 関連記事 

 
写真
中国株、なお「割高」

なお割高な中国株はすべての尺度で下落余地残る。  記事の全文 | 関連記事 

 
中国「軍事力」が米国に遠く及ばない理由
 
内政挫折のオバマ氏が狙う外交「遺産」
 
動き出した「非製造業」の成長エンジン

ロイターの公式アカウントはこちら!