その他
PR

独BMWと現代自、エンジン開発で提携協議=関係筋

2012年 05月 5日 04:47 JST
 
  • Mixiチェック

[ソウル/フランクフルト 4日 ロイター] ドイツの自動車メーカーBMW(BMWG.DE: 株価, 企業情報, レポート)と韓国の現代自動車(005380.KS: 株価, 企業情報, レポート)は、エンジン開発などにおける提携の可能性について協議を進めている。関係筋がロイターに対し明らかにした。

同筋によると、協議は「初期段階」にある。

別の筋はロイターに対し、両社がこれまでに、エンジンの共同開発や開発コストの分担を含む包括的な提携関係の構築について協議を行ったことを明らかにした。ただ、協議が継続しているかどうかについては不明とした。

BMWからはコメントは得られていない。

独自動車業界誌「Automobil Produktion」は3日、現代自グループ会長の息子で後継者候補の鄭義宣氏がミュンヘンでBMW幹部と会合し、10億─20億ユーロ(13億─26億ドル)のエンジン開発コストの分担について協議したと報じた。

この報道を受け、BMWのReithofer最高経営責任者(CEO)は「他社との協力強化は現時点で視野にない」と応じた。

現代自の広報担当は「根拠はない」とし、提携をめぐる協議や幹部による会合が行われたことを否定した。

 
写真

インフレ不在が強いる「辛抱」

「忍耐」であろうが、他のどの美徳だろうが、要するにインフレが存在しないのだから米FRBは利上げできないということだ。
  記事の全文 | 関連記事 

 

注目の商品

5月4日、関係筋によると、ドイツBMWと韓国の現代自動車は、エンジン開発などにおける提携の可能性について協議を進めている。写真はBMWの年次会見会場で。3月撮影(2012年 ロイター/Michaela Rehle)

外国為替フォーラム

写真

映画「日本と原発」を観た。中電・浜岡原発の運転差し止め訴訟など、裁判を通じて脱原発活動を続けてきた河合弘之弁護士が監督、主演したドキュメンタリー作品だ。  記事の全文 

ロイターの公式アカウントはこちら!