その他

米グーグル株価、上場来高値を更新

2012年 09月 25日 03:55 JST
 
  • Mixiチェック

[サンフランシスコ 24日 ロイター] 24日の米株式市場で、インターネット検索大手の米グーグル(GOOG.O: 株価, 企業情報, レポート)株価が上場来高値を更新した。

新興ソーシャルメディア企業の業績をめぐる不透明感とは対照的に、広告事業を確実に拡大させているグーグルをあらためて評価する動きが出ている。

グーグル株価は米東部時間正午頃、747.84ドルに上昇。2007年11月につけたこれまでの高値である747.24ドルを上抜けた。

グーグル株価は、世界的な金融危機の影響が色濃かった2009年に300ドルを割り込み、その後も最盛期は終わったとの懸念から圧力にさらされていた。

だがアナリストによると、ここ1年で相次ぎ新規株式公開(IPO)を行ったフェイスブック(FB.O: 株価, 企業情報, レポート)やグルーポン(GRPN.O: 株価, 企業情報, レポート)などの新興テクノロジー企業は、業績見通しの不透明感から当初の期待感が薄れており、相対的にグーグルの底堅さがあらためて意識され、株価の割安感が高まっている。

ピボタル・リサーチ・グループのアナリスト、ブライアン・ウィーザー氏は「グーグルが常に利益を上げてきたことを市場は評価しているはず」と述べた。

収益性の高い検索広告事業に加え、グーグルはディスプレイ広告やモバイル端末広告にも取り組んでおり、売上高の高い伸びを維持している。

対照的に、フェイスブックは「根拠にするデータに乏しい」ため、不透明感が強いと同氏は指摘した。

 
写真

中国、上場取り止め企業が続出

中国では、IPOをめぐる証券監督当局の方向性が見極められず、今年の本土での上場を取り止める動きが相次いでいる。
  記事の全文 | 特集ページ 

 

注目の商品

9月24日、米株式市場でインターネット検索大手の米グーグル株価が上場来高値を更新した。写真はインドの同社オフィスで2月撮影(2012年 ロイター/Krishnendu Halder)
写真
中国国有企業改革の課題

中国のCITICパシフィックが親会社の主要部門CITICリミテッドを365億ドルで買収。CITICの大胆な行動は中国の国有企業にとっては恐らく最も実験的な試みだ。  記事の全文 | 関連記事 

写真

吉野家HDなど牛丼3社に限らず、消費増税に対する小売り対応はまちまちだ。株式市場は値上げ、値下げのどちらに軍配をあげるのか。  記事の全文 

外国為替フォーラム

ロイターの公式アカウントはこちら!