米グーグル株価、上場来高値を更新

2012年 09月 25日 03:55 JST
 
  • Mixiチェック

[サンフランシスコ 24日 ロイター] 24日の米株式市場で、インターネット検索大手の米グーグル(GOOG.O: 株価, 企業情報, レポート)株価が上場来高値を更新した。

新興ソーシャルメディア企業の業績をめぐる不透明感とは対照的に、広告事業を確実に拡大させているグーグルをあらためて評価する動きが出ている。

グーグル株価は米東部時間正午頃、747.84ドルに上昇。2007年11月につけたこれまでの高値である747.24ドルを上抜けた。

グーグル株価は、世界的な金融危機の影響が色濃かった2009年に300ドルを割り込み、その後も最盛期は終わったとの懸念から圧力にさらされていた。

だがアナリストによると、ここ1年で相次ぎ新規株式公開(IPO)を行ったフェイスブック(FB.O: 株価, 企業情報, レポート)やグルーポン(GRPN.O: 株価, 企業情報, レポート)などの新興テクノロジー企業は、業績見通しの不透明感から当初の期待感が薄れており、相対的にグーグルの底堅さがあらためて意識され、株価の割安感が高まっている。

ピボタル・リサーチ・グループのアナリスト、ブライアン・ウィーザー氏は「グーグルが常に利益を上げてきたことを市場は評価しているはず」と述べた。

収益性の高い検索広告事業に加え、グーグルはディスプレイ広告やモバイル端末広告にも取り組んでおり、売上高の高い伸びを維持している。

対照的に、フェイスブックは「根拠にするデータに乏しい」ため、不透明感が強いと同氏は指摘した。


 
 
 

注目の商品

9月24日、米株式市場でインターネット検索大手の米グーグル株価が上場来高値を更新した。写真はインドの同社オフィスで2月撮影(2012年 ロイター/Krishnendu Halder)

外国為替フォーラム

写真
ギリシャ以外にも円高材料

ドル円相場の円高方向へのオーバーシュートをもたらすリスクオフ要因は、ギリシャ問題に限らないとUBS証券の中窪文男氏は分析。  記事の全文 

 
写真
ギリシャ離脱か、今後の行方

ユーロに離脱規定がない以上、ギリシャが残留を希望すれば、デフォルト後も居座りは可能と第一生命経済研の田中理氏は指摘。  記事の全文 

 
サービス生産性革命の曙光=嶋津洋樹氏
 
脱デフレへ円安期待維持を=政井貴子氏
 
米利上げ前に円高到来か=亀岡裕次氏
 
ドル円続伸阻む日米事情=内田稔氏
写真
ギリシャ究極の選択

ギリシャ国民投票では「最悪」と「悲惨」のどちらを選ぶか迫られる。  記事の全文 | 関連記事 

 
写真
国民投票する「真の理由」

ユーロ離脱に近づくギリシャが国民投票する「本当の理由」とは。  記事の全文 | 関連記事 

 
写真
中国株は「口先」以上必要

中国株回復には単なる「リップサービス」以上のものが必要だ。  記事の全文 | 関連記事 

 
中国「軍事力」が米国に遠く及ばない理由
 
内政挫折のオバマ氏が狙う外交「遺産」
 
動き出した「非製造業」の成長エンジン

ロイターの公式アカウントはこちら!