11月米雇用統計は14.6万人増、失業率は4年ぶり低水準

2012年 12月 8日 01:34 JST
 
  • Mixiチェック

[ワシントン 7日 ロイター] 米労働省が7日発表した11月の雇用統計は、雇用者数の伸びが市場予想を上回り、大型ハリケーン「サンディ」による影響は大方の予想よりも軽微となった。

非農業部門雇用者数は14万6000人増加し、市場予想の9万3000人増を上回った。

失業率も7.7%と、予想(7.9%)以上に改善し、2008年12月以来4年ぶりの低水準となった。ただ、職探しをあきらめる動きが失業率の押し下げ要因となっており、依然として精彩を欠く雇用情勢が浮き彫りとなった。

RBCキャピタル・マーケッツ(ニューヨーク)のシニア米国エコノミスト、ジェイコブ・ウビーナ氏は、統計の内容について、今年の平均的な水準にとどまっていると指摘。「すう勢は変化しておらず、労働市場は悪化もしていなければ、大きく改善もしていない」と述べ、米連邦準備理事会(FRB)は来年にかけて量的緩和(QE)を継続していくと思われると述べた。

今年の雇用者数の伸びは月平均15万1000人増。失業率の大幅改善には約20万─25万人の雇用増が必要とされる。

9・10月の雇用者数は下方修正され、計4万9000人減となった。

10月下旬に米東部を襲ったハリケーン「サンディ」について、労働統計局のジョン・ガルビン氏は「11月の米雇用・失業への著しい影響はなかった」と述べた。

11月の雇用増のすべては民間部門の増加によるものだった。民間部門の雇用者数は14万7000人増、政府部門は1000人減だった。   続く...


 
 
 

注目の商品

12月7日、米労働省が発表した11月の雇用統計は、非農業部門雇用者が14万6000人増加し、市場予想を上回った。失業率も7.7%に改善し、4年ぶりの低水準となった。写真は5日ワシントンで開かれた就職フェアで撮影(2012年 ロイター/Gary Cameron)

外国為替フォーラム

写真
ギリシャ以外にも円高材料

ドル円相場の円高方向へのオーバーシュートをもたらすリスクオフ要因は、ギリシャ問題に限らないとUBS証券の中窪文男氏は分析。  記事の全文 

 
写真
ギリシャ離脱か、今後の行方

ユーロに離脱規定がない以上、ギリシャが残留を希望すれば、デフォルト後も居座りは可能と第一生命経済研の田中理氏は指摘。  記事の全文 

 
サービス生産性革命の曙光=嶋津洋樹氏
 
脱デフレへ円安期待維持を=政井貴子氏
 
米利上げ前に円高到来か=亀岡裕次氏
 
ドル円続伸阻む日米事情=内田稔氏
写真
ギリシャ究極の選択

ギリシャ国民投票では「最悪」と「悲惨」のどちらを選ぶか迫られる。  記事の全文 | 関連記事 

 
写真
国民投票する「真の理由」

ユーロ離脱に近づくギリシャが国民投票する「本当の理由」とは。  記事の全文 | 関連記事 

 
写真
中国株は「口先」以上必要

中国株回復には単なる「リップサービス」以上のものが必要だ。  記事の全文 | 関連記事 

 
中国「軍事力」が米国に遠く及ばない理由
 
内政挫折のオバマ氏が狙う外交「遺産」
 
動き出した「非製造業」の成長エンジン

ロイターの公式アカウントはこちら!