PR

11月米雇用統計は14.6万人増、失業率は4年ぶり低水準

2012年 12月 8日 01:34 JST
 
  • Mixiチェック

[ワシントン 7日 ロイター] 米労働省が7日発表した11月の雇用統計は、雇用者数の伸びが市場予想を上回り、大型ハリケーン「サンディ」による影響は大方の予想よりも軽微となった。

非農業部門雇用者数は14万6000人増加し、市場予想の9万3000人増を上回った。

失業率も7.7%と、予想(7.9%)以上に改善し、2008年12月以来4年ぶりの低水準となった。ただ、職探しをあきらめる動きが失業率の押し下げ要因となっており、依然として精彩を欠く雇用情勢が浮き彫りとなった。

RBCキャピタル・マーケッツ(ニューヨーク)のシニア米国エコノミスト、ジェイコブ・ウビーナ氏は、統計の内容について、今年の平均的な水準にとどまっていると指摘。「すう勢は変化しておらず、労働市場は悪化もしていなければ、大きく改善もしていない」と述べ、米連邦準備理事会(FRB)は来年にかけて量的緩和(QE)を継続していくと思われると述べた。

今年の雇用者数の伸びは月平均15万1000人増。失業率の大幅改善には約20万─25万人の雇用増が必要とされる。

9・10月の雇用者数は下方修正され、計4万9000人減となった。

10月下旬に米東部を襲ったハリケーン「サンディ」について、労働統計局のジョン・ガルビン氏は「11月の米雇用・失業への著しい影響はなかった」と述べた。

11月の雇用増のすべては民間部門の増加によるものだった。民間部門の雇用者数は14万7000人増、政府部門は1000人減だった。   続く...


 
写真

袋小路の原発汚染水処理

福島第1原発の汚染水に含まれる放射性のトリチウム処理が、こう着状態に陥っている。経産省は、地中保管など代替策の検討に動き出した。  記事の全文 

 

注目の商品

12月7日、米労働省が発表した11月の雇用統計は、非農業部門雇用者が14万6000人増加し、市場予想を上回った。失業率も7.7%に改善し、4年ぶりの低水準となった。写真は5日ワシントンで開かれた就職フェアで撮影(2012年 ロイター/Gary Cameron)

外国為替フォーラム

写真
「故意の墜落」再発防ぐ法

独機墜落事故を受け、パイロットなど乗客の安全を担う人たちに対する心理テスト強化を求める声は、間違いなく高まるだろう。ただ、精神疾患への偏見を強め、仕事を失うことを恐れて自殺願望を隠すようなことがあってはならない。
  記事の全文 | 特集ページ 

写真
副操縦士、会社に病気隠す

独機墜落事故で、故意に機体を降下させたとみられている副操縦士が会社に対して病気を隠していたことを示す証拠が見つかったと、ドイツ検察当局が発表。
  記事の全文 | スライドショー 

ロイターの公式アカウントはこちら!