その他
PR

11月米雇用統計は14.6万人増、失業率は4年ぶり低水準

2012年 12月 8日 01:34 JST
 
  • Mixiチェック

[ワシントン 7日 ロイター] 米労働省が7日発表した11月の雇用統計は、雇用者数の伸びが市場予想を上回り、大型ハリケーン「サンディ」による影響は大方の予想よりも軽微となった。

非農業部門雇用者数は14万6000人増加し、市場予想の9万3000人増を上回った。

失業率も7.7%と、予想(7.9%)以上に改善し、2008年12月以来4年ぶりの低水準となった。ただ、職探しをあきらめる動きが失業率の押し下げ要因となっており、依然として精彩を欠く雇用情勢が浮き彫りとなった。

RBCキャピタル・マーケッツ(ニューヨーク)のシニア米国エコノミスト、ジェイコブ・ウビーナ氏は、統計の内容について、今年の平均的な水準にとどまっていると指摘。「すう勢は変化しておらず、労働市場は悪化もしていなければ、大きく改善もしていない」と述べ、米連邦準備理事会(FRB)は来年にかけて量的緩和(QE)を継続していくと思われると述べた。

今年の雇用者数の伸びは月平均15万1000人増。失業率の大幅改善には約20万─25万人の雇用増が必要とされる。

9・10月の雇用者数は下方修正され、計4万9000人減となった。

10月下旬に米東部を襲ったハリケーン「サンディ」について、労働統計局のジョン・ガルビン氏は「11月の米雇用・失業への著しい影響はなかった」と述べた。

11月の雇用増のすべては民間部門の増加によるものだった。民間部門の雇用者数は14万7000人増、政府部門は1000人減だった。   続く...

 
写真

IBM、予想外の減収減益

IBMの第3・四半期決算は、予想外の減収減益となった。15年営業利益目標の達成を断念したことも明らかに。  記事の全文 

 

注目の商品

12月7日、米労働省が発表した11月の雇用統計は、非農業部門雇用者が14万6000人増加し、市場予想を上回った。失業率も7.7%に改善し、4年ぶりの低水準となった。写真は5日ワシントンで開かれた就職フェアで撮影(2012年 ロイター/Gary Cameron)

外国為替フォーラム

写真
原発城下町の葛藤

九電・川内原発再稼働について地元同意表明が年内に迫るなか、事故への懸念と、地元経済に組み込まれた原発を否定できないという「現実」との間で、住民の葛藤は高まっている。  記事の全文 

ロイターの公式アカウントはこちら!