取締役会との意見の相違が辞任の理由=ネイラー・板硝子前社長

2012年 04月 19日 08:56 JST
 
  • Mixiチェック

[東京 19日 ロイター] 日本板硝子(5202.T: 株価, ニュース, レポート)のクレイグ・ネイラー前社長兼CEO(最高経営責任者)は19日、前日に突然辞任した理由について、会社の戦略やその進め方について取締役会との意見の相違があったためと説明した。前日の会社側の説明と一致する。

同氏はロイターに宛てたメールで、「私と取締役会の間で、会社の戦略とその進め方について意見の相違があった」と指摘。「私は、取締役会が定めた方向性に完全に同意するCEOを任命すべきだと考えた。その結果、私が辞任することが最善と判断した。辞任は完全に自分自身で決断したもの」と説明した。そのうえで、取締役会を尊重し、意見の相違の詳細については言及を控えるとした。

(ロイターニュース ネイサン・レイン、大林優香)

 
写真

生き続ける「リーマンの亡霊」

世界的金融危機をもたらしたリーマンショックからは、すでに7年近くが過ぎた。しかし、その余波は、今になってようやく全容が見えつつある。  記事の全文 

 

注目の商品

4月19日、日本板硝子のクレイグ・ネイラー前社長兼CEOは、突然辞任した理由について、会社の戦略やその進め方について取締役会との意見の相違があったためと説明した。写真は2010年撮影(2012年 ロイター/Michael Caronna)

外国為替フォーラム

写真
「リスクオンの円安」継続へ

3月以降の商品高・ドル安基調が緩やかながらも維持されることで、「リスクオンの円安」は継続すると、大和証券の亀岡裕次氏は予想。  記事の全文 

 
写真
原油に波乱再び、6月下落か

底打ち感が強まる原油相場だが、6月には下値方向で波乱がありそうだと、資源・食糧問題研究所の柴田明夫代表は指摘。   記事の全文 | ビデオ 

 
米国経済に悲観無用=村上尚己氏
 
年内ドル110円か130円か=佐々木融氏
 
ユーロ高示唆する欧州株高=斉藤洋二氏
 
米利上げ「時機」逸したか=鈴木敏之氏
 
GDPに歪み、勝負は7月=岩下真理氏
写真
FIFA内部の闇に挑む

幹部9人の起訴は衝撃だが、決して予想外の事態ではない。  記事の全文 

 
写真
中国株ブームそろそろ限界か

中国株活況の主要エネルギー源だった信用買いはそろそろ限界か。  記事の全文 

 
写真
米国の「危険な賭け」

南シナ海で人工島建設する中国に対し、米軍関係者は強硬姿勢を訴え。  記事の全文 | 関連記事 

 
ギリシャ最良の道は「2度目の総選挙」
 
中国の不良債権、日本の「失敗」に学べ
 
高まる「チャイナオイル」の存在感
写真
金融機関にも調査の手

FIFA副会長含む14人が贈収賄に関与したとして米当局に起訴された問題で、12以上の金融機関も関与の疑い。  記事の全文 | 関連記事 

ロイターの公式アカウントはこちら!