その他
PR

JT、「マイルドセブン」を「メビウス」に名称変更

2012年 08月 8日 18:06 JST
 
  • Mixiチェック

[東京 8日 ロイター] 日本たばこ産業(JT)(2914.T: 株価, ニュース, レポート)は8日、代表的なブランド「マイルドセブン」の名称を「メビウス(MEVIUS)」に変更すると発表した。ブランド名称やパッケージデザインを刷新し、世界でナンバーワンのプレミアムプランドを目指す。

小泉光臣社長は会見で「現在は、ウィンストンというサブプレミアム価格帯が好調だが、今後のさらなる利益成長を実現するためには、プレミアム価格帯の強化が重要になってくる」と述べた。 昨年度比で240億円積み増した販売促進費の多くを投入して、ブランド刷新を進めていく。

同社の世界でのたばこ販売の約14%、日本では約半分を占める主力ブランドの刷新にあたっては、2年前からプロジェクトを組み、一切の制約を取り払って、検討を進めてきた。小泉社長も「相応の決断が必要だったのは事実」としながらも「2年間の調査の中で、メビウスのほうが高評価を得た。こちらで世界戦略を考えたほうがよいと決断した」と話す。

ウィンストンは現在、85カ国で1307億本を販売している一方、マイルドセブンは17カ国・765億本にとどまっている。小泉社長は「既存市場のシェアの拡大はもちろんのこと、展開市場数を増やすことでさらなる成長が見込める」とした。そのための施策として、新ブランド名称の導入、パッケージデザインの刷新、ラインナップの拡張を実施する。

「メビウス(MEVIUS)」は造語。マイルドセブンのMとSを付け、真ん中にEVOLUTIONのEV、I&YOU(U)のIUを入れた。日本では、12年11月にパッケージデザインの刷新、13年2月に名称の変更を行う。また、海外では、すでに12年4月から新パッケージへの切り替えを始めている。また、新名称は、今後1年をかけて導入を進める方針。既存市場での新名称導入が完了した時点で、あらたな市場への展開を進めていく。

同社は、「ウィンストン」、「キャメル」、「マイルドセブン」、「ベンソン&ヘッジス」、「シルクカット」、「LD」、「ソブラニー」、「グラマー」の8銘柄を事業の中核をなすグローバル・フラッグシップ・ブランド(GFB)と位置付けている。なかでも「マイルドセブン」は、1977年に日本で発売を開始した老舗ブランド。日本では78年から国内ナンバーワンシェアを守り続けており、現在では、台湾や韓国、マレーシア、ロシアなど世界17カ国で販売している。

<国内では将来の値上げを示唆>

小泉社長は「リーマンショックで気が付いたのは、ブランドポートフォリオの必要性だった」と述べている。景気悪化時の受け皿としては、5月にベルギーの手巻きたばこ大手のGryson社を510億円で買収することを決めた。一方、景気回復時のプレミアム領域強化として、マイルドセブンの刷新を決めたという。   続く...

 
写真

消費増税「断行」を世界が警戒

日本の消費増税について世界が警戒するリスクは先送りではなく、来年断行することだとアライアンス・バーンスタインの村上氏は指摘。  記事の全文 | 特集ページ 

 

注目の商品

8月8日、JTは、代表的なブランド「マイルドセブン」の名称を「メビウス」に変更すると発表。写真の自動販売機は都内で6月撮影(2012年 ロイター/Yuriko Nakao)

外国為替フォーラム

写真

宮城県の政財界では、カジノ推進派が、東日本大震災から3年を経過しても進まない復興を加速させる「切り札」として誘致に期待感を高めている。  記事の全文 

ロイターの公式アカウントはこちら!