その他
PR

中国全人代が薄熙来氏の代表資格取り消し、起訴の可能性高まる

2012年 10月 26日 11:43 JST
 
  • Mixiチェック

[北京 26日 ロイター] 中国の新華社によると、中国全国人民代表大会(全人代、国会に相当)は26日、重慶市の元トップで失脚した薄熙来氏を全人代から追放した。これにより、同氏が正式に起訴される可能性が高まった。

新華社は、全人代が「薄熙来の代表資格取り消しを発表した」と伝えた。

同氏の妻の谷開来氏、および元側近で元重慶市副市長(元公安局長)の王立軍氏は、英国人実業家ニール・ヘイウッド氏殺害をめぐり逮捕され、谷氏は殺人罪で執行猶予付きの死刑判決、王氏は懲役15年の実刑判決が言い渡されている。

 
写真

追加緩和を決定:識者こうみる

日銀の追加緩和について、GPIFの国債運用の減額を日銀が引き受け、次の増税を支援するという「合わせ技」との見方も。
  記事の全文 | 関連記事 

 

注目の商品

10月26日、中国全国人民代表大会(全人代、国会に相当)は、重慶市の元トップで失脚した薄熙来氏(左)を全人代から追放した。1月撮影(2012年 ロイター)

外国為替フォーラム

写真
首相周辺で増税延期優勢

消費税率10%への引き上げについて、首相周辺で1年半程度の増税延期が望ましいとの意見が優勢になっていることが明らかに。  記事の全文 

ロイターの公式アカウントはこちら!