PR

中国全人代が薄熙来氏の代表資格取り消し、起訴の可能性高まる

2012年 10月 26日 11:43 JST
 
  • Mixiチェック

[北京 26日 ロイター] 中国の新華社によると、中国全国人民代表大会(全人代、国会に相当)は26日、重慶市の元トップで失脚した薄熙来氏を全人代から追放した。これにより、同氏が正式に起訴される可能性が高まった。

新華社は、全人代が「薄熙来の代表資格取り消しを発表した」と伝えた。

同氏の妻の谷開来氏、および元側近で元重慶市副市長(元公安局長)の王立軍氏は、英国人実業家ニール・ヘイウッド氏殺害をめぐり逮捕され、谷氏は殺人罪で執行猶予付きの死刑判決、王氏は懲役15年の実刑判決が言い渡されている。


 
写真

副操縦士、会社に病気隠す

ジャーマンウィングス機墜落で、副操縦士が会社に病気を隠していたことを示す証拠が見つかったと、独検察当局が発表した。
  記事の全文 | 特集ページ 

 

注目の商品

10月26日、中国全国人民代表大会(全人代、国会に相当)は、重慶市の元トップで失脚した薄熙来氏(左)を全人代から追放した。1月撮影(2012年 ロイター)

外国為替フォーラム

写真はエアバスA320型機のフライトシミュレーター内部。オーストリアのウィーンで同日撮影(2015年 ロイター/Leonhard Foeger)
副操縦士が故意に墜落か

ドイツ人の副操縦士(27)が故意に墜落させた可能性があることが音声記録で判明。動機は明らかにされていないが、過去に「うつ病」だったとの報道も。
  記事の全文 | スライドショー 

写真
イエメン軍事介入:こうみる

イエメンの武装組織「フーシ派」に対し、サウジなど湾岸諸国が空爆を開始し、原油先物が上昇した。専門家の見方は。  記事の全文 | 関連記事 

ロイターの公式アカウントはこちら!