中国遼寧省の紅沿河原発が発電開始、福島事故後初めて=報道

2013年 02月 18日 15:10 JST
 
  • Mixiチェック

[上海 18日 ロイター] 中国東北部の遼寧省にある紅沿河原子力発電所が17日、発電を開始した。18日付の同国英字紙チャイナ・デーリーが報じた。2011年の福島第1原発事故後に中国で原発が稼働するのは初めて。

中国政府は昨年10月、原発の安全性・開発計画を承認し、福島の事故後に発動していた新規事業の停止措置を事実上取り下げていた。

同紙によると、紅沿河原発1号ユニットが17日午後、発電を開始した。

これで中国では現在16基の原子炉が稼働中で、トータルの発電能力は12ギガワット超。2020年までに58ギガワットに引き上げる計画だ。

4つの発電ユニットからなる予定の紅沿河原発第1期プロジェクトは2015年末までに完成する見通しで、年間発電量は300億キロワット時に達する。第1期プロジェクトの投資額は500億元(80億2000万ドル)。

2つの発電ユニットが増設される第2期プロジェクトは2016年に完成し、年間発電量は450億キロワット時に拡大する見込み。

 
写真

生き続ける「リーマンの亡霊」

世界的金融危機をもたらしたリーマンショックからは、すでに7年近くが過ぎた。しかし、その余波は、今になってようやく全容が見えつつある。  記事の全文 

 

注目の商品

2月18日、中国の英字紙チャイナ・デーリーによると、遼寧省にある紅沿河原子力発電所が17日に発電を開始した。2011年の福島第1原発事故後に中国で原発が稼働するのは初めて。写真は中国の国旗。広東省で2009年7月撮影(2013年 ロイター/Bobby Yip)

外国為替フォーラム

写真
「リスクオンの円安」継続へ

3月以降の商品高・ドル安基調が緩やかながらも維持されることで、「リスクオンの円安」は継続すると、大和証券の亀岡裕次氏は予想。  記事の全文 

 
写真
原油に波乱再び、6月下落か

底打ち感が強まる原油相場だが、6月には下値方向で波乱がありそうだと、資源・食糧問題研究所の柴田明夫代表は指摘。   記事の全文 | ビデオ 

 
米国経済に悲観無用=村上尚己氏
 
年内ドル110円か130円か=佐々木融氏
 
ユーロ高示唆する欧州株高=斉藤洋二氏
 
米利上げ「時機」逸したか=鈴木敏之氏
 
GDPに歪み、勝負は7月=岩下真理氏
写真
FIFA内部の闇に挑む

幹部9人の起訴は衝撃だが、決して予想外の事態ではない。  記事の全文 

 
写真
中国株ブームそろそろ限界か

中国株活況の主要エネルギー源だった信用買いはそろそろ限界か。  記事の全文 

 
写真
米国の「危険な賭け」

南シナ海で人工島建設する中国に対し、米軍関係者は強硬姿勢を訴え。  記事の全文 | 関連記事 

 
ギリシャ最良の道は「2度目の総選挙」
 
中国の不良債権、日本の「失敗」に学べ
 
高まる「チャイナオイル」の存在感
写真
金融機関にも調査の手

FIFA副会長含む14人が贈収賄に関与したとして米当局に起訴された問題で、12以上の金融機関も関与の疑い。  記事の全文 | 関連記事 

ロイターの公式アカウントはこちら!