中国遼寧省の紅沿河原発が発電開始、福島事故後初めて=報道

2013年 02月 18日 15:10 JST
 
  • Mixiチェック

[上海 18日 ロイター] 中国東北部の遼寧省にある紅沿河原子力発電所が17日、発電を開始した。18日付の同国英字紙チャイナ・デーリーが報じた。2011年の福島第1原発事故後に中国で原発が稼働するのは初めて。

中国政府は昨年10月、原発の安全性・開発計画を承認し、福島の事故後に発動していた新規事業の停止措置を事実上取り下げていた。

同紙によると、紅沿河原発1号ユニットが17日午後、発電を開始した。

これで中国では現在16基の原子炉が稼働中で、トータルの発電能力は12ギガワット超。2020年までに58ギガワットに引き上げる計画だ。

4つの発電ユニットからなる予定の紅沿河原発第1期プロジェクトは2015年末までに完成する見通しで、年間発電量は300億キロワット時に達する。第1期プロジェクトの投資額は500億元(80億2000万ドル)。

2つの発電ユニットが増設される第2期プロジェクトは2016年に完成し、年間発電量は450億キロワット時に拡大する見込み。


 
 
写真

中国株が急反落:こうみる

中国当局が異例の株価支援措置を発表したにもかかわらず、7日の中国株式市場は急反落。警戒時期は秋口との見方も。
  記事の全文 | 特集ページ 

 

注目の商品

2月18日、中国の英字紙チャイナ・デーリーによると、遼寧省にある紅沿河原子力発電所が17日に発電を開始した。2011年の福島第1原発事故後に中国で原発が稼働するのは初めて。写真は中国の国旗。広東省で2009年7月撮影(2013年 ロイター/Bobby Yip)

外国為替フォーラム

写真
ギリシャ瀬戸際外交は敗北へ

国民投票で緊縮策を拒んだギリシャの瀬戸際外交は勝利せず、ユーロの秩序は保たれると第一生命経済研の熊野英生氏は予想。   記事の全文 

 
写真
離脱は杞憂、ユーロ大幅反発も

ギリシャ情勢の混迷に起因するユーロ下落は一過性であり、むしろ大きく反発する可能性を想定すべきだとBBHの村田雅志氏は分析。  記事の全文 

 
ギリシャ以外にも円高材料=中窪文男氏
 
ギリシャ離脱か、今後の行方=田中理氏
 
サービス生産性革命の曙光=嶋津洋樹氏
 
脱デフレへ円安期待維持を=政井貴子氏
写真
ユーロ圏残留は困難に

緊縮策に国民が「ノー」を突き付けたことで、ギリシャのユーロ圏残留は難しくなるだろう。  記事の全文 | 関連記事 

 
写真
「ノー」が欧州に迫る決断

ギリシャの緊縮「ノー」でユーロ圏首相が下す2つの重い決断とは。  記事の全文 | 関連記事 

 
写真
中国株、なお「割高」

なお割高な中国株はすべての尺度で下落余地残る。  記事の全文 | 関連記事 

 
中国「軍事力」が米国に遠く及ばない理由
 
内政挫折のオバマ氏が狙う外交「遺産」
 
動き出した「非製造業」の成長エンジン

ロイターの公式アカウントはこちら!