その他
PR

インタビュー:TPPは「最後のチャンス」=ローソン社長

2013年 03月 6日 17:01 JST
 
  • Mixiチェック

[東京 6日 ロイター] ローソン(2651.T: 株価, ニュース, レポート)の新浪剛史社長は6日、ロイターとのインタビューで、環太平洋パートナーシップ(TPP)協定参加は日本が変わるための「最後のチャンス」と位置付けた。日本の市場が縮小する中で、日本が生きる道は「付加価値化」だと指摘。付加価値のある製品やサービスを作り出す中心を日本が担うことで、人材育成や教育など、幅広い分野での変革につなっがっていくという。

新浪社長は、政府の産業競争力会議のメンバー。

インタビューの概要は以下の通り。

――TPPに参加するべきと考える理由は。

「TPP参加は自然な流れ。付加価値のあるモノ作りやサービスしか日本の生きる方法論はない。コモディティに行くという選択肢はない。もう後戻りできないということを明確にすることと、徐々に進んでいる方向性を加速するということで、TPP参加は自然な流れ。それ以外の選択肢を取り、後戻りすると、強いところを強く伸ばすことができなくなる。そういう意味で、これは国家ビジョンだ」

「国際分業とは、強いものを輸出、弱いものを輸入すること。ここで変えなければならないのは日本人のマインドだ。付加価値が高くて良いものは安く売るのではなく、高く売るというマインドに変えなければならない。まねのできないものはマージンが高く、それを売ることで安定した利益につながり、働く人の所得につながる」

「安倍政権の3本の矢の3つ目の矢の1番目はTPPだ。3つ目の矢の期待に対して施策が決まることが重要だ」

――農業など反対勢力は強い。   続く...

 
写真

ギリシャで終わらない試練

ユーロ圏は今後、通貨安・債券高・株高が見込めるが、内面的にはショックに弱い体質となる恐れがあると三井住友銀の山口曜一郎氏は指摘。  記事の全文 

 

注目の商品

3月6日、ローソンの新浪社長はロイターとのインタビューで、環太平洋パートナーシップ(TPP)協定参加は日本が変わるための「最後のチャンス」と位置付けた。写真は2011年6月撮影(2013年 ロイター/Toru Hanai)

外国為替フォーラム

写真
低い「ギリシャ離脱」リスク

ギリシャ総選挙で反緊縮派の急進左派連合が大勝したことで、同国はユーロ離脱(Grexit=グレグジット)に一歩近づいた。それでもなお、ユーロ離脱は最も確率の高いシナリオではない。
  記事の全文 | 関連記事 

読者が選ぶ 2014年10大ニュース
(3つまで選択可) *統計に基づく調査ではありません。

ロイターの公式アカウントはこちら!