インタビュー:TPPは「最後のチャンス」=ローソン社長

2013年 03月 6日 17:01 JST
 
  • Mixiチェック

[東京 6日 ロイター] ローソン(2651.T: 株価, ニュース, レポート)の新浪剛史社長は6日、ロイターとのインタビューで、環太平洋パートナーシップ(TPP)協定参加は日本が変わるための「最後のチャンス」と位置付けた。日本の市場が縮小する中で、日本が生きる道は「付加価値化」だと指摘。付加価値のある製品やサービスを作り出す中心を日本が担うことで、人材育成や教育など、幅広い分野での変革につなっがっていくという。

新浪社長は、政府の産業競争力会議のメンバー。

インタビューの概要は以下の通り。

――TPPに参加するべきと考える理由は。

「TPP参加は自然な流れ。付加価値のあるモノ作りやサービスしか日本の生きる方法論はない。コモディティに行くという選択肢はない。もう後戻りできないということを明確にすることと、徐々に進んでいる方向性を加速するということで、TPP参加は自然な流れ。それ以外の選択肢を取り、後戻りすると、強いところを強く伸ばすことができなくなる。そういう意味で、これは国家ビジョンだ」

「国際分業とは、強いものを輸出、弱いものを輸入すること。ここで変えなければならないのは日本人のマインドだ。付加価値が高くて良いものは安く売るのではなく、高く売るというマインドに変えなければならない。まねのできないものはマージンが高く、それを売ることで安定した利益につながり、働く人の所得につながる」

「安倍政権の3本の矢の3つ目の矢の1番目はTPPだ。3つ目の矢の期待に対して施策が決まることが重要だ」

――農業など反対勢力は強い。   続く...


 
 
写真

ドル高/円安心理に「冷却材」

米指標の下振れ、当局のけん制発言などが一時的な「冷却材」となり、ドル上昇の「熱気」を冷ます要因として意識されている。  記事の全文 | 関連記事 

 

注目の商品

3月6日、ローソンの新浪社長はロイターとのインタビューで、環太平洋パートナーシップ(TPP)協定参加は日本が変わるための「最後のチャンス」と位置付けた。写真は2011年6月撮影(2013年 ロイター/Toru Hanai)

外国為替フォーラム

写真
原油に波乱再び、6月下落か

底打ち感が強まる原油相場だが、6月には下値方向で波乱がありそうだと、資源・食糧問題研究所代表の柴田明夫氏は指摘。   記事の全文 | ビデオ 

 
写真
米経済に悲観無用、ドル高へ

今後、米経済への慎重過ぎる市場心理は逆方向に変化し、緩やかな米金利上昇とドル高ユーロ安を招くとABの村上尚己氏は予想。  記事の全文 

 
年内ドル110円か130円か=佐々木融氏
 
ユーロ高示唆する欧州株高=斉藤洋二氏
 
米利上げ「時機」逸したか=鈴木敏之氏
 
GDPに歪み、勝負は7月=岩下真理氏
 
買い戻しに耐えた円安=唐鎌大輔氏
写真
日本の「失敗」に学べ

中国の銀行が直面する不良債権については、日本の教訓を学べ。  記事の全文 

 
写真
最良の道は「再び総選挙」

ギリシャが最悪の事態を避けるチャンスはまだある。  記事の全文 

 
写真
米国の「危険な賭け」

南シナ海で人工島建設する中国に対し、米軍関係者は強硬姿勢を訴え。  記事の全文 

 
高まる「チャイナオイル」の存在感
 
「同盟国のうそ」見て見ぬふりが賢明か
 
イスラム国からラマディ「奪還」の方程式

ロイターの公式アカウントはこちら!