その他
PR

福島第1の汚染地下水、遮水壁上回った可能性高い=原子力規制庁

2013年 08月 5日 21:12 JST
 
  • Mixiチェック

[東京 5日 ロイター] - 原子力規制庁の金城慎司・東京電力福島第1原子力発電所事故対策室長は5日、東電(9501.T: 株価, ニュース, レポート)福島第1原発の放射能汚染地下水について、同社が汚染水の流出を防ぐために設けた地中の遮水壁を上回った可能性があると述べ、「緊急時」との認識を示した。

金城室長はロイターに対し、汚染された地下水は法的基準を超えて海に流出している可能性が高く、東電の地下水くみ上げ計画は一時しのぎにすぎないとの見方を示した。

また、汚染地下水が遮水壁を上回った可能性が高く、地表に上がってくる可能性を否定できないと述べ、現在は「緊急時」と指摘した。

汚染水問題の深刻化を受けて、原子力規制委員会は今月2日、「汚染水対策検討ワーキンググループ」を開き、規制委の更田豊志委員が早急な汚染水汲み上げを指示。東電は会合で、8月後半の汲み上げ開始の意向を示していたが、5日の定例会見で同社の今泉典之・原子力・立地本部長代理は、「今週末くらいから汲み上げを実施したい。検討作業を進めている」と明らかにした。

今のところ、汚染地下水の上昇によってどの程度の脅威が生じるかは不明。2011年3月の東日本大震災に伴う原発事故を受け、日本政府は東電に対し、緊急措置として数万トンの汚染水を太平洋に放出することを認めたが、近隣諸国や地元の漁業関係者から批判を受けた経緯があり、東電は地元の同意なく汚染水を放出しないと約束している。

*内容を追加して再送します。

 
 

注目の商品

8月5日、原子力規制庁は、東電福島第1原発の放射能汚染地下水について、同社が汚染水の流出を防ぐために設けた地中の遮水壁を上回った可能性があると明らかにした。6月代表撮影(2013年 ロイター)

外国為替フォーラム

写真
円安容認の分岐点は115円

円安容認と反対の勢力図が逆転する水準はどこか。120円は行き過ぎの声があることを踏まえれば、115円超の円安には、政府から何らかのメッセージが出てくるかもしれない。  記事の全文 

写真
進まぬ土壌汚染対策

北京市郊外の国営製鉄所は土壌が汚染された場所の1つとなっている。除染に向けた活動を阻害しているのは、誰がその費用を負担するのかという問題だ。  記事の全文 | スライドショー 

ロイターの公式アカウントはこちら!