Reuters logo
東芝、2000億円の借入見送りへ 子会社売却で資金確保=関係筋
2016年3月15日 / 09:31 / 2年前

東芝、2000億円の借入見送りへ 子会社売却で資金確保=関係筋

 3月15日、東芝は、予定していた主力取引行からの最大2000億円の借り入れを見送る方向で調整に入った。東芝本社で2015年11月撮影(2016年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 15日 ロイター] - 東芝(6502.T)は、予定していた主力取引行からの最大2000億円の借り入れを見送る方向で調整に入った。子会社の東芝メディカルシステムズの売却先がほぼ決まり、当面、資金繰りの手当てが必要なくなるためだ。複数の関係筋が15日、明らかにした。

東芝は今期中に実施する構造改革費用などで、手元流動性が足りなくなるおそれが生じ、主力行の三井住友銀行とみずほ銀行、さらに三井住友信託銀行から最大2000億円の協調融資を受ける方針だった。

当初の計画では、今月下旬に融資が実行され、返済原資には東芝メディカルの売却益を充てることにしていた。

しかし、東芝メディカルの売却先として優先交渉権を与えたキヤノン(7751.T)とは、18日にも正式契約を結ぶ見通しで、東芝は来週にも前払い金の約1500億円程度を確保する。

主力銀行などが設定したコミットメントライン(融資枠)も残っていることから、追加融資を得る必要はないと判断したとみられる。

関係者によると、東芝メディカルの売却代金は7000億円超となった。

東芝は「追加融資について主要取引銀行と協議しているが、決定したことはない」(広報)としている。

布施太郎 編集:田巻一彦

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below