Reuters logo
旅行者、「治安」が行先決定の鍵に=調査
2017年3月8日 / 03:14 / 7ヶ月前

旅行者、「治安」が行先決定の鍵に=調査

[ロンドン 8日 ロイター] - 英ボーンマス大学と旅行情報サイト、トラベルズーは8日、治安が旅行先を決定する際に最も重要視されるポイントになっているとの調査結果を報告した。

「チュニジアの襲撃事件の後、安全と治安は検討すべき項目の上位に上がり続けている」と、トラベルズーの欧州責任者であるリチャード・シンガー氏は指摘した。2015年のチュニジアのホテル襲撃事件では、38人の旅行者が死亡している。

報告によると、97%の回答者が旅行先を決定する時に「安全」を考慮に入れていると答え、安全に対する懸念は2014年よりも今の方が高いとする回答者が大部分に上ったという。

調査は、中国や米国、ドイツ、英国、フランスなどの6000人を対象に行われた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below