Reuters logo
TPP後の新たな貿易協定、チリ貿易責任者「可能性なお存在]
2017年3月9日 / 23:07 / 6ヶ月前

TPP後の新たな貿易協定、チリ貿易責任者「可能性なお存在]

[サンティアゴ 9日 ロイター] - 環太平洋連携協定(TPP)後の新たな太平洋貿易協定について、チリの国際貿易部局責任者はロイターのインタビューで、実現に向けた可能性は残っているとの認識を示した。

TPP参加12カ国のほか、中国と韓国の代表らが来週、1月の米国離脱後初めて、チリで会合を開き、地域の合意可能性に向けた方策を探る。

今後の進め方について、初めて討議する機会との位置だ。米国のTPP離脱後、中国が交渉を主導する公算が大きくなっている。

チリの国際経済関係総局、パウリナ・ナサル総局長は会合について、「成長戦略や近年の開かれた状態が、われわれが正しいと信じるものなのかを確認することが目的」と説明する。

将来の見取り図を示すのは時期尚早としながら、「可能性は十分残っているという感触を、さまざまな代表団から得た」と語った。

選択肢については、中南米4カ国の太平洋同盟や、東アジア地域包括的経済連携(RCEP)など、既存の枠組みに基づくものになる公算があるとした。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below