Reuters logo
米新政権への対応「手に負えない状況ではない」=WTO事務局長
2017年2月22日 / 16:59 / 8ヶ月前

米新政権への対応「手に負えない状況ではない」=WTO事務局長

[ジュネーブ 22日 ロイター] - 世界貿易機関(WTO)のアゼベド事務局長は22日の記者会見で、通商問題についてトランプ米政権と協議していないとする一方で、WTOは米国が打ち出すいかなる方針にも対応できると自信を示した。

アゼベド氏は「手に負えない状況に直面しているとは思わない。異なる見解や意見があることは、われわれの日常的な仕事の一部だからだ」と述べた。「特に移行時期においては、不透明あるいは予測不能な状況になることを何度も経験している」と付け加えた。  アゼベド氏は、トランプ米大統領がどのような通商政策を採用するか分からないと述べる一方で、トランプ氏が「不公平な貿易」に懸念を表明し、北米自由貿易協定(NAFTA)や、場合によってはWTOからの離脱を示唆していることは聞いているとした。

「米国第一」を掲げるトランプ氏は既に12カ国が参加する環太平洋連携協定(TPP)からの離脱を表明している。多くの専門家はTPPが米国の経済成長を大きく後押しするとみていた。

アゼベド氏は、貿易紛争の解決や新たな通商ルール形成の場であるWTOは、持ち上がっている懸念を解消するための方法を提供することができると主張。WTO加盟国は前に進むための道筋を見出すことを望んでいるとした。

米国が不公平な立場に置かれていると判断すれば、WTOが定めている通商ルールの改革を提案することができる。ただ、改革を実現するには、米国以外の加盟163カ国との合意が必要だ。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below