Reuters logo
トランプ氏の政権移行チーム、反トラスト法専門家が加わる
2016年11月29日 / 03:07 / 10ヶ月前

トランプ氏の政権移行チーム、反トラスト法専門家が加わる

 11月28日、トランプ次期米大統領の政権移行チームは、ブッシュ前政権で司法省の反トラスト法(独占禁止法)部門に勤めたデービッド・ヒグビー氏を同省に関わるメンバーとして加えた。写真はペンシルベニア州で10月撮影(2016年 ロイター/Jonathan Erns)

[ワシントン 28日 ロイター] - トランプ次期米大統領の政権移行チームは、ブッシュ前政権で司法省の反トラスト法(独占禁止法)部門に勤めたデービッド・ヒグビー氏を同省に関わるメンバーとして加えた。

同氏はハントン・アンド・ウィリアムズ法律事務所のパートナーで、合併審査や反トラスト法絡みの訴訟、政府の調査に関する助言を専門としている。政権移行チームで反トラスト法に関わった経験があるのはヒグビー氏と連邦取引委員会の元委員であるジョシュア・ライト氏の2人のみ。

法律専門家によると、ヒグビー氏の任命は次期政権がオバマ政権に比べて企業合併への関与を控える可能性を示している。

オバマ政権はここ数年間に多くの合併を阻止してきた。一例は、米油田サービス会社ハリバートン(HAL.N)による同業ベーカー・ヒューズBHI.Nの買収計画で、同案件は撤回されることになった。

トランプ氏も通信大手AT&T(T.N)によるメディア大手タイム・ワーナー(TWX.N)の買収計画などについて厳しい見方を示しているが、法律専門家は従来の共和党的な対応に戻る可能性があると指摘する。

ブッシュ政権で反トラスト法の執行に関わったことのあるブルース・マクドナルド氏は「ヒグビー氏は企業や市場にこれまでよりも大きな信頼を置き、政府の問題対処能力にはそれほど自信は示さないだろう」と述べた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below