Reuters logo
トランプ氏、大統領補佐官候補4人と面談 20日も人選を続行へ
2017年2月20日 / 02:09 / 7ヶ月前

トランプ氏、大統領補佐官候補4人と面談 20日も人選を続行へ

 2月19日、トランプ米大統領は、フリン氏の辞任後に空席となっている大統領補佐官(国家安全保障担当)の候補者4人と面談した。20日も新たな候補者などと面会するとみられる。写真はフロリダ州パームビーチに到着し、エアフォースワンから手を振るトランプ大統領。17日撮影(2017年 ロイター/Kevin Lamarque)

[パームビーチ(フロリダ州)/ワシントン 19日 ロイター] - トランプ米大統領は19日、フリン氏の辞任後に空席となっている大統領補佐官(国家安全保障担当)の候補者4人と面談した。20日も新たな候補者などと面会するとみられる。ホワイトハウスのサラ・サンダース報道官が明らかにした。

大統領はフロリダ州パームビーチの別荘で19日に、大統領補佐官代行のケロッグ氏やボルトン元米国連大使、H.R.マクマスター陸軍中将、ロバート・キャスレン陸軍中将と面談。

サンダース氏によると、20日は追加候補と面会するか既に面会した候補者と再面談する可能性がある。

トランプ氏はフリン氏の後任にロバート・ハワード退役海軍中将を指名していたが、同氏は家庭の事情や経済的理由から辞退。ペトレアス元中央情報局(CIA)長官も一時候補に挙がったが、その後取り下げられた。

事情に詳しい関係筋は、両氏ともに自ら選んだ人員でチームを編成したいと考えていたが、トランプ氏は人選を任せるのに消極的だったと明らかにした。

ただ、プリーバス大統領首席補佐官は19日、FOXニュースとのインタビューで、大統領補佐官に任命されれば「スタッフの人選は自由にできる」と強調した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below