Reuters logo
トランプ氏、大統領就任後もTV番組関与=シュワルツェネッガー氏
2016年12月12日 / 08:33 / 9ヶ月前

トランプ氏、大統領就任後もTV番組関与=シュワルツェネッガー氏

 12月9日、トランプ次期米大統領は、司会を務めていたテレビのリアリティ番組のエグゼクティブ・プロデューサーを大統領就任後も続ける。新司会者シュワルツェネッガー氏(写真右)が明らかにした(2016年 ロイター/Danny Moloshok)

[ロサンゼルス 9日 ロイター] - トランプ次期米大統領は、司会を務めていたテレビのリアリティ番組「アプレンティス/セレブたちのビジネス・バトル」のエグゼクティブ・プロデューサーを大統領就任後も続ける。番組の新司会者アーノルド・シュワルツェネッガー氏が9日、明らかにした。

「アプレンティス」は、様々な課題をめぐって著名人がバトルを繰り広げるリアリティ番組。トランプ氏が脱落者に宣告する「お前はクビだ」という決めぜりふが有名になった。

トランプ氏は昨年、大統領選の共和党候補への出馬を機に番組を降板。映画「ターミネーター」シリーズなどで知られる、米カリフォルニア州知事を2期務めたシュワルツェネッガー氏が新司会者に抜擢された。

来年1月2日から始まる新シーズンのプロモーションイベントでシュワルツェネッガー氏は、「トランプ氏が、エグゼクティブ・プロデューサーであることは最初から知っていた」とした上で、「私が知事に立候補し、知事になった時と何ら違いはない。『ターミネーター』の主役として、私は印税を受け取っていた」と述べた。

番組サイドによると、トランプ氏の名前は番組のクレジットに残り、同氏は1話につき2─3万ドル(230─350万円)程度の収入を得る見通しだという。トランプ氏の顧問は、「大統領は、空いた時間や余暇に何かをする権利がある」とし、「誰もそれに反対できない」とCNNに述べた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below