Reuters logo
女性は公衆の場で「笑うべからず」、トルコ副首相の発言が物議
2014年7月31日 / 02:47 / 3年前

女性は公衆の場で「笑うべからず」、トルコ副首相の発言が物議

 7月30日、トルコのアルンチ副首相(写真)が「道徳的価値観を守る」ために女性は公衆の場で声を上げて笑うべきではないとコメントし、物議を醸している。2010年5月撮影(2014年 ロイター/Umit Bektas)

[イスタンブール 30日 ロイター] - トルコのアルンチ副首相が「道徳的価値観を守る」ために女性は公衆の場で声を上げて笑うべきではないとコメントし、物議を醸している。

主要野党の議員はツイッターで、副首相のコメントは声を上げて笑うことを恥ずべき行為と位置付けており、女性を暴力にさらす結果を招くと懸念を示した。

ツイッターには数百人の女性が抗議の意味を込めて、笑っている画像を投稿するなどしている。

一方副首相は、男女双方に「倫理的行動」を取るよう呼びかけた1時間半にわたる演説の一部をメディアが取り上げただけだと反論。ヒュリエット紙は副首相の発言として「演説をすべて聞いた人は、これが根拠ない不快な抗議であることを理解している」と伝えた。

トルコでは、政府が統治権力を強化し市民の私生活に介入しているとの批判があり、長らく世俗派と保守的な政府支持派との対立原因となっている。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below