Reuters logo
12年末の対外純資産は296兆円、円安効果で3年ぶり過去最高
2013年5月28日 / 00:26 / 4年前

12年末の対外純資産は296兆円、円安効果で3年ぶり過去最高

[東京 28日 ロイター] 財務省が28日に発表した2012年末の対外資産・負債残高によると、日本の政府や企業、個人が海外に保有する資産(対外資産)から、海外勢が日本で保有する資産(対外負債)を差し引いた対外純資産は、前年末比11.6%増の296兆3150億円と3年ぶりに過去最高を更新した。年末にかけて進行した円安で、海外資産の評価額が増えた。

対外純資産が増加するのは2年連続。麻生太郎財務相がきょうの閣議に報告した。

対外資産残高は前年末比13.8%増の661兆9020億円と、4年連続で増加した。円相場が年末にかけて歴史的な高値圏から反落したことを受け、円換算で49兆円の評価増が発生したほか、16兆円規模の対外債券投資が押し上げに寄与した。

対外負債残高は365兆5880億円と、前年末から15.7%増加。日本株の上昇など「その他調整」で11兆円分増えたほか、国内債券などへの証券投資も活発だった。

国際通貨基金(IMF)などの集計によると、日本の対外純資産は91年以来、22年連続して世界最大の座を維持。2位の中国は円換算で12年末が150兆2875億円、3位のドイツが同121兆8960億円だった。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below