Reuters logo
「家追い出された」米学生、学費支払い求め両親を提訴
2014年3月5日 / 05:17 / 4年前

「家追い出された」米学生、学費支払い求め両親を提訴

3月4日、米ニュージャージー州の女子学生レイチェル・カニングさんが、高校の学費などの支払いを求めて両親を相手取って訴訟を起こし、注目を集めている。写真は出廷したカニングさん(2014年 ロイター/Carlo Allegri)

[4日 ロイター] -米ニュージャージー州で、両親に家を追い出されたとする18歳の女子学生が、高校の学費などの支払いを求めて両親を相手取って訴訟を起こし、注目を集めている。

訴状によると、同州の高校に通うレイチェル・カニングさんは、成人年齢とされる18歳の誕生日を過ぎた昨年11月、両親に家を追い出されたと主張。その後は友人宅に滞在している。現在も学校に通い法的に独立していないことから親の支援に頼る必要があるとし、残りの学費や訴訟費用の支払い、大学進学費用へのアクセスを求めている。

両親はレイチェルさんが家事や門限など家のルールを拒否し、昨年末に自ら家を出て行ったとしている。父親で元警察署長のショーン・カニングさんは地元テレビに対し、「娘に訴えられ、あぜんとしている」とコメント。「高級店で買い物をして請求書を送りつけるようなものだ」と述べた。

法律専門家らは、今回の訴訟が親の養育義務をめぐって先例を作る可能性があると指摘。家族法を専門とするウィリアム・ローファー氏は「18歳の子どもが家を出る場合、子どもが独立するまで養育する法的な義務が親にあるのかどうかが争点となる」と語った。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below