Reuters logo
米ウーバー料理宅配サービス、日本に上陸 順次拡大へ
2016年9月28日 / 05:51 / 1年前

米ウーバー料理宅配サービス、日本に上陸 順次拡大へ

 9月28日、配車サービスアプリ大手の米ウーバーテクノロジーズは、提携したレストランの料理を指定場所に運ぶサービス「ウーバーイーツ」を日本でも29日から開始すると発表した(2016年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[東京 28日 ロイター] - 配車サービスアプリ大手の米ウーバーテクノロジーズ[UBER.UL]は28日、提携したレストランなどの料理を指定場所に届ける宅配サービス「ウーバーイーツ」を日本でも29日から始めると発表した。当初の宅配エリアは東京都の渋谷区や港区が中心で順次拡大する。アプリを使って対象エリアにある店舗のメニューを来店時とほぼ同じ価格で注文できる。当面の配達料は無料で、ウーバーが負担する。

ウーバーイーツは利用者、飲食店、個人ドライバーの3者をつなぐ仕組みを提供し、昨年12月にカナダのトロントでスタート。現在はパリ、ロンドンなどでも展開、世界で3000店以上が提携している。東京は8カ国34都市目となる。

日本法人ウーバージャパンの高橋正巳社長は、東京は質の高い多くの飲食店があるが、出前する店が限られるなど「制約があった」と説明。メニューは「数百円の肉じゃがから2万円のステーキまで」幅広く対応し、行列のできる人気店や一人では入りづらい店などにも注文できると述べた。

サービス開始時は対象エリアにある定食店の「大戸屋」や焼肉店の「焼肉トラジ」、モダン精進料理の「宗胡」など150以上の店と提携した。アプリで配達状況などが分かり、顧客は登録したクレジットカードで事前決済する。サービス営業時間中は電話やメールで対応するカスタマーサポートを設置し、トラブルにも対応する。

身分証明書の確認や審査を受けた個人がドライバーとなり、好きな時間に自転車か125cc以下の原付きバイクで配達する。すでに1000人以上がドライバーとして登録済みという。飲食店がウーバーに支払う料金と顧客が負担する配達料をウーバーとドライバーで分け合う。ドライバーは配達のたびに、また配達する距離に応じても報酬が得られ、支払いは週単位で行われる。

飲食店側も初期投資なしで宅配を始められ、来店以外での売り上げ拡大が期待できる。開始に当たって提携した店の6割以上が宅配は初めて。世界ですでに使われているアプリのため訪日観光客も利用でき、世界中の人に店を知ってもらえるのもメリットだ。

今回提携したイタリア料理「ダルマット」の齋藤誠オーナーシェフは「出来立ての料理を短時間で届けてくれる」ことが参画した理由の1つで、ウーバーで新たな顧客を獲得したいと語った。注文から配達までにかかる時間は世界平均で34分という。

*文言を一部修正しました。

白木真紀

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below