Reuters logo
ウクライナ国債価格が下落、債務返済めぐる懸念で
2014年12月10日 / 11:18 / 3年前

ウクライナ国債価格が下落、債務返済めぐる懸念で

 12月10日の債券市場でウクライナのソブリン債価格が5セント下落し、額面1ドルに対し0.66─0.68ドルで取引されている。写真はヤツェニュク首相、3日撮影(2014年 ロイター/Valentyn Ogirenko)

[ロンドン 10日 ロイター] - 10日の債券市場で、ウクライナのソブリン債価格が5セント下落し、額面1ドルに対し0.66─0.68ドルで取引されている。国際機関のウクライナ向け融資が、債務返済に必要な額を下回るとの懸念が高まっている。

JPモルガンのEMBIグローバル・ソブリン債指数11EML .JPMEGUKRRによると、対米国債利回りスプレッドは50ベーシスポイント(bp)拡大し、1669bpと5年ぶりの高水準をつけた。

ウクライナの2023年償還ドル建て債は3.5セント下落し、額面1ドルに対し0.665ドル。2017年償還債は5セント安の0.685ドル。

ウクライナ中央銀行の副総裁代理は今週、トムソン・ロイター傘下のIFRに対し、国際通貨基金(IMF)のウクライナ向け融資の次回分が、債務負担を完全に補うには十分でない可能性があると述べていた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below