Reuters logo
米国、鶏肉問題でWTOにパネル設置要請 中国の高関税めぐり
2016年5月29日 / 22:26 / 1年前

米国、鶏肉問題でWTOにパネル設置要請 中国の高関税めぐり

 5月27日、米通商代表部(USTR)は、中国が不当に米国産鶏肉製品に反ダンピング(不当廉売)関税を課しているとして、世界貿易機関(WTO)に紛争処理小委員会の設置を要請したと発表した。写真は米国と中国の国旗、北京で2014年7月、代表撮影(2016年 ロイター/Ng Han Guan)

[ワシントン 27日 ロイター] - 米通商代表部(USTR)は27日、中国が不当に米国産鶏肉製品に反ダンピング(不当廉売)関税を課しているとして、世界貿易機関(WTO)に紛争処理小委員会(パネル)の設置を要請したと発表した。

この問題をめぐり、中国側と24日に協議したものの、打開には至らなかったという。

中国は2010年、公正な市場価格を下回り、中国製品に損害を与えているとして、米国産輸入鶏肉に対抗関税を課すことを決定した。

その後、WTOが米国の主張を認め、関税はルール違反との決定を下したことを受け、14年に税率を引き下げた。 ただ、USTRは今月10日、引き下げ後の関税についても、中国は計算方法や手続きの透明性に不備があるとして、ルール違反だとの訴えをWTOに起こしていた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below