Reuters logo
米住宅着工件数、1月予想外の減少 悪天候が要因の公算
2016年2月17日 / 16:04 / 2年前

米住宅着工件数、1月予想外の減少 悪天候が要因の公算

[ワシントン 17日 ロイター] - 米商務省が公表した1月の住宅着工件数(季節調整済み)は3.8%減の年率109万9000件と、117万件への増加を見込んだ市場予想に反して減少した。

一部地域が悪天候に見舞われたためとみられ、住宅市場の回復が一時的にとん挫した恐れがある。着工件数は大雪に見舞われた北東部に限らず、中西部などでも減った。

労働市場のひっ迫化で、賃金押し上げ効果もみられつつあり、住宅市場のファンダメンタルズは引き続き堅調だ。ただ、着工件数が年初に減少し、経済成長が緩やかなペースになることをうかがわせた。

着工許可件数は0.2%減の120万2000件、市場予想は120万件を見込んでいた。一戸建てが減る一方、集合住宅は増えた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below