Reuters logo
米8月製造業受注0.2%増、2カ月連続プラス 製造業回復の兆し
2016年10月5日 / 15:38 / 1年前

米8月製造業受注0.2%増、2カ月連続プラス 製造業回復の兆し

 10月5日、8月の製造業受注は前月比0.2%増と2カ月連続のプラスとなった。ケンタッキー州の組み立て工場。2012年撮影(2016年 ロイター//John Sommers II)

[ワシントン 5日 ロイター] - 米商務省が5日発表した8月の製造業受注は前月比0.2%増と2カ月連続のプラスとなった。市場は0.1%の減少を予想していた。製造業が勢いを取り戻しつつあることを示している。

7月の数字は当初発表の1.9%増から1.4%増に改定された。

民間設備投資の先行指標となるコア資本財(資本財から国防関連と航空機を除く)は0.9%の増加。先週発表された速報値は0.6%増だった。

国内総生産(GDP)で企業の設備投資の計算に使われるコア資本財の出荷は0.1%減った。速報値は0.4%減だった。

8月は在庫が0.2%増える一方、全体としての出荷は横ばいだった。在庫比率は1.36で7月と同じだった。

長引くドル高の影響や世界的な需要の弱さは、米経済の約12%を占める製造業の妨げになってきた。

3日に米供給管理協会(ISM)が発表した9月の製造業景気指数は51.3と、景気の拡大と縮小の分岐点となる50を上回った。8月は節目の50を下回っていた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below