Reuters logo
米9月ISM非製造業総合指数11カ月ぶり高水準、年内利上げ論拠強まる
2016年10月5日 / 19:21 / 1年前

米9月ISM非製造業総合指数11カ月ぶり高水準、年内利上げ論拠強まる

 10月5日、ISMが発表した9月の非製造業部門総合指数は57.1と、前月の51.4から上昇し、2015年10月以来11カ月ぶりの高水準となった。NYの通り。2014年撮影(2016年 ロイター/Carlo Allegri)

[ワシントン 5日 ロイター] - 米供給管理協会(ISM)が発表した9月の非製造業部門総合指数(NMI)は57.1と、前月の51.4から上昇し、2015年10月以来11カ月ぶりの高水準となった。米経済が堅調であることが示され、連邦準備理事会(FRB)による年内利上げに弾みがつく可能性がある。

ロイターがまとめたエコノミスト予想は53.0だった。指数は50が拡大と縮小の分岐点となる。

9月は幅広い改善が見られ、構成指数のうち、景気指数と雇用指数もともに11カ月ぶりの高水準となった。

ハイフリークエンシー・エコノニクスの首席米国エコノミスト、ジム・オサリバン氏は今回の結果について「FRBがそう遠くない将来に利上げに踏み切るとの論拠が強まる」と述べた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below