Reuters logo
米1月PPIは0.1%上昇、機械・機材サービスに伸び
2016年2月17日 / 16:06 / 2年前

米1月PPIは0.1%上昇、機械・機材サービスに伸び

[ワシントン 17日 ロイター] - 米労働省が17日発表した1月の米卸売物価指数(PPI、最終需要向け財・サービス)は季節調整済みで前月比0.1%上昇した。市場は

0.2%下落を予想していた。機械・機材サービスが上昇し、全体水準を押し上げた。

昨年12月は0.2%下落していた。

1月の前年同月比は0.2%下落した。市場予想は0.6%下落だった。前月は1.0%の下落だった。

最終需要サービスは0.5%上昇と3カ月連続のプラスだった。サービスの上昇分の5割近くは機械・機材が4.0%増えたことによるものだった。証券の仲介や取引、ローン仲介、衣料、靴・服飾品の小売り、燃油・潤滑油の小売りも値上がりした。

サービスは値上がりしたものの、物価上昇圧力は引き続き原油安やドル高により抑制されていた。物価上昇率は米連邦準備理事会(FRB)が目標とする2%を大きく下回り続けている。

最終需要財は2カ月連続で0.7%下落した。うちエネルギーは5.0%下落。前月は3.5%下落していた。食品は1.0%上昇し、前月の1.4%下落からプラスに転じた。

変動の大きい食品とエネルギー、貿易サービスを除いたコア指数は2カ月連続で0.2%上昇した。前年同月比は0.8%上昇だった。

物価の弱含みや軟調な経済見通し、株価の急落は金融市場を引き締めており、FRBが今年利上げを進めるのかどうかについて疑念が生じている。

FRBは昨年12月、9年半ぶりに政策金利を引き上げた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below