Reuters logo
米2月輸入物価0.2%上昇、3カ月連続プラス
2017年3月9日 / 18:45 / 6ヶ月前

米2月輸入物価0.2%上昇、3カ月連続プラス

[ワシントン 9日 ロイター] - 米労働省が9日発表した2月の輸入物価指数は前月比0.2%上昇し、3カ月連続のプラスとなった。石油価格の下落で伸びが鈍化したものの、基調としては上昇圧力が増している兆しがある。市場予想は0.1%上昇だった。

2月の伸びの鈍化は一時的とみられる。世界的に需要が増えていることから石油やその他の一次産品が値上がりしているからだ。

1月の数字は当初発表の0.4%上昇から0.6%上昇に改定された。

2月の前年同月比は4.6%上昇と、2012年2月以来の大幅な伸びとなった。1月は3.8%の上昇だった。

2月の前月比の内訳は、石油・石油製品が0.7%下落。1月は7.2%の上昇だった。石油を除く輸入物価は0.3%上昇し、16年7月以来初めてプラスに転じた。1月は0.1%下落していた。

食品は1.0%上昇。資本財は横ばい、1月は0.1%の下落だった。自動車を除く消費財は2カ月連続で0.2%上昇した。

同時に発表された2月の輸出物価は0.3%上昇だった。1月は0.2%上昇していた。2月の前年同月比は3.1%上昇し、11年12月以来の大幅なプラスだった。1月は2.4%上昇していた。

前月比の輸出物価の内訳は、農産物が1.4%の上昇だった。野菜や大豆、トウモロコシが値上がりした。1月の農産物は0.1%の上昇だった。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below