Reuters logo
英EU離脱はリスクだが6月か7月利上げなお見込む=米SF連銀総裁
2016年5月23日 / 14:22 / 1年前

英EU離脱はリスクだが6月か7月利上げなお見込む=米SF連銀総裁

 5月23日、ウィリアムズ米SF連銀総裁、年内2-3回の利上げと来年3-4回の利上げは「ほぼ適切」との認識示す。昨年12月撮影(2016年 ロイター/Stephen Lam)

[ニューヨーク 23日 ロイター] - ウィリアムズ米サンフランシスコ地区連銀総裁は23日、英国が欧州連合(EU)離脱を決めるリスクはあるものの、米連邦準備理事会(FRB)は6月か7月の利上げに向けた軌道にあるとの見方を示した。

また米経済の力強さを踏まえれば、来年は今年より利上げペースが加速するだろうと述べた。

英国は、米連邦公開市場委員会(FOMC)の約1週間前にあたる6月23日にEU離脱の是非を問う国民投票を実施する。

総裁は記者団に対し、日程が極めて近いことを踏まえると国民投票は「6月の決定に影響を与える要因となる。われわれは望めば、7月まで利上げを見送る可能性がある」とした。

一方で「利上げを決定する可能性はもちろんある。その後、米経済状況が変化すれば、われわれはいつでも金利を引き下げることが可能だ」とした。

利上げに関するFRBと市場の見方が近づくことは良いことだとの認識を示し、「今後のFOMCは、利上げを決める可能性のある会合」とした。

FRBおよび市場は、英国がEUから離脱する「ブレグジット(Brexit)」を含め、海外リスクは利上げを長らく先延ばしするほど深刻ではないと考えているもようで、総裁の発言はこうした見方をあらためて浮き彫りにした。

総裁はこれに先立ち、外交問題評議会(CFR)で年内2-3回の利上げと来年3-4回の利上げは「ほぼ適切」との認識を示した。

3月時点でのFRBの見通しは依然として概ね有効だとした。ただ緩やかな利上げ計画を踏まえると、向こう数年にわたり2会合連続で利上げする公算は小さいとした。

次回6月14-15日のFOMCでの利上げの可能性については、今後の指標内容によると指摘。「会合までに出揃う指標の内容を分析した上で結論を出すことが望ましい」と語った。

インフレ期待がやや低下している一部の兆候を「少々懸念」しているとも述べた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below