Reuters logo
米中古住宅仮契約指数、1月は低下=リアルター協会
2017年2月27日 / 17:52 / 8ヶ月前

米中古住宅仮契約指数、1月は低下=リアルター協会

[ワシントン 27日 ロイター] - 全米リアルター協会(NAR)が27日発表した1月の中古住宅販売仮契約指数は、西部と中西部の在庫不足を反映して前月比2.8%低下の106.4となった。市場は0.9%上昇を予想していた。前年同月比では0.4%上昇だった。

昨年12月の前月比の数字は109.5に改定された。

NARのチーフエコノミスト、ローレンス・ユン氏は、いくつかの大都市圏で買い手の数が売り手を大幅に上回っていると分析。「西部では特にそうで、市場に新たに出てきた物件が1カ月もしないうちに売れてしまうことも珍しくない」と述べた。

仮契約指数は全米の4地域のうち北部で2.3%、南部でも0.4%の上昇となった。一方で、西部は9.8%、中西部は5.0%の低下だった。

NARが先週発表した1月の中古住宅販売の戸数は、価格や住宅ローン金利の上昇にもかかわらず、約10年ぶりの高水準をつけた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below