Reuters logo
米製造業受注、4月は5カ月ぶりの減少
2017年6月5日 / 17:12 / 3ヶ月前

米製造業受注、4月は5カ月ぶりの減少

[ワシントン 5日 ロイター] - 米商務省が5日発表した4月の製造業受注(季節調整済み)は前月比0.2%減と5カ月ぶりの減少となった。市場も0.2%減を予想していた。

ただ、3月の数字は当初発表の0.5%増から1.0%増に上方改定されたほか、4月の資本財の受注も速報値ほどは弱くなかった。製造業は依然として緩やかな回復軌道にあることを示唆している。

前年同月比でみた4月の製造業受注は4.4%増だった。

企業の設備投資の先行指標とされる航空機を除いた非国防資本財(コア資本財)の受注は4月に0.1%増加した。先月発表の速報値は前月比横ばいだった。

国内総生産(GDP)で企業の機器投資の計算に使われるコア資本財の出荷は0.1%増だった。速報値は0.1%の減少だった。

4月の製造業受注は、一般機械が0.7%減少と昨年10月以来の大きな落ち込みとなった。油田やガス田の掘削で使われる鉱業向けの機械の受注が8.3%減少した。

電機・家電が2.0%の減少だった。一次金属は0.7%の減少だった。

輸送機器は1.4%減。非国防航空機が9.1%落ち込んだことを反映した。自動車・同部品は0.6%増え、3月の1.4%減少から持ち直した。

受注残高は0.2%増と2カ月連続で増えた。製造業の在庫は0.1%増え、6カ月連続の増加となった。製造業全体の出荷は前月比横ばいだった。

出荷に対する在庫の割合は、前月比横ばいの1.38だった。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below