Reuters logo
今週の米株、S&P500種が上値重いなか指標とFOMCに注目
2016年6月12日 / 22:31 / 1年前

今週の米株、S&P500種が上値重いなか指標とFOMCに注目

 6月10日、13日から1週間の米株式市場では、S&P総合500種が最高値圏となる中、投資家は経済指標や14日からの米連邦公開市場委員会が相場上抜けの材料になるかどうかに注目することになる。写真はNY証券取引所のトレーダー(2016年 ロイター/Brendan McDermid)

[ニューヨーク 10日 ロイター] - 13日から1週間の米株式市場では、S&P総合500種が最高値圏となる中、投資家は経済指標や14日からの米連邦公開市場委員会(FOMC)が相場上抜けの材料になるかどうかに注目することになる。

S&P総合500種は8日、2015年5月に付けた過去最高値まであと一歩に迫ったものの、9―10日にかけて勢いを失った。グローバル・マーケッツ・アドバイザリー・グループのシニア市場ストラテジスト、ピーター・ケニー氏は「株式市場は、高値圏を抜ける根拠を見つけるのに苦労している」と話す。

この週は、5月の消費者物価指数(CPI)や小売売上高など重要な経済指標の発表が控えている。

エンパイア・エクセキューションのピーター・コスタ社長は「内容が継続的に良い指標や悪い指標が出れば、相場の方向性は定まるが、現時点でそれが見当たらない」と述べた。

500種は前週、2120を付けた後、2100を維持できずに引けた。BTIG(ニューヨーク)のチーフテクニカルストラテジスト、ケイティ・ストックトン氏は「上値抵抗線が堅いことがますます明白になった」と指摘し、「売り圧力が出てくるのではないか」との見方を示した。

投資家は次の利上げがいつになるかに神経をとがらせているが、それがこの週になることはないと考えている。CMEのフェドウォッチによると、相場が織り込む15日の利上げの確率は2%にとどまり、7月利上げでは21%となっている。

23日に控える英国の欧州連合(EU)離脱の是非を問う国民投票にも、投資家は神経をすり減らしている。

スタイフェル・ニコラウスのポートフォリオマネジャー、チャド・モーガンランダー氏は「投資家には、現時点では株式をアンダーウエートにするよう勧めている」と述べた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below