Reuters logo
アングル:ハイテク株急落、米株全般には動揺波及せず
2017年6月16日 / 02:36 / 3ヶ月前

アングル:ハイテク株急落、米株全般には動揺波及せず

 6月15日、アップルなど米ハイテク最有力5銘柄が、過去1週間で失った時価総額の合計は約1200億ドルと、ボーイングを買収できるほどに上る。それでも米国株全般の足場が揺らいでいる気配はなく、S&P総合500種は最高値圏を維持している。写真はアップルのロゴ。ボスニア・ヘルツェゴビナのゼニツァで昨年4月撮影(2017年 ロイター/Dado Ruvic/Illustration)

[ニューヨーク 15日 ロイター] - 米ハイテク最有力5銘柄のフェイスブック(FB.O)、アップル(AAPL.O)、アルファベット(GOOGL.O)、アマゾン・ドット・コム(AMZN.O)、マイクロソフト(MSFT.O)が過去1週間で失った時価総額の合計は約1200億ドルと、ボーイング(BA.N)を買収できるほどに上る。S&P情報技術株指数.SPLRCTも15日までの5日間の下落率が、1年ぶりの大きさに達した。

それでも米国株全般の足場が揺らいでいる気配はなく、S&P総合500種.SPXは最高値圏を維持している。

15日にはカナコード・ジェニュイティが投資判断を「買い」から「ホールド」に引き下げたアルファベットが0.8%下落。バークレイズのアナリストがiPhone(アイフォーン)6のサイクルのピークが近づいており、次世代機種の販売が期待外れに終わった場合は株価が下がる恐れがあると警告したアップルも0.6%安となった。

コモンウェルス・ファイナンシャルのブラッド・マクミラン最高投資責任者はこうした動きについて「ごく普通の手控え姿勢だと思う。ハイテク株はずっと非常に堅調だった。そして突然だれもがふと我に返り、上昇が行き過ぎだと言って少しばかり敬遠し始めた」と述べた。

市場では、相場全般の値上がりに対する有力ハイテク株の寄与度があまりにも大きくなり過ぎたことへの懸念が広がっていた。

UBSセキュリティーズの米国株・デリバティブ戦略エグゼクティブディレクター、ジュリアン・エマニュエル氏は、S&P総合500種におけるそうした状況に、この4─5週間で顧客が違和感を持つようになっていたと指摘。ハイテク株セクターが調整局面入りする条件は、完全に整っていたように思われたと話した。

最近はいくつかの弱い経済指標が発表されたことも、ハイテク株の先行き懸念につながった。

ただ、過去5日間でS&P情報技術株指数が3.7%下げたにもかかわらず、S&P総合500種は0.05%安と底堅く推移した。ハイテク株から逃げ出した資金は、金融株や不動産株など他のセクターに移動しただけだったからだ。

ブラックロック傘下のグローバル・アロケーション・ファンドの共同ポートフォリオマネジャー、ラス・コーステリッチ氏は「(株以外の)安全資産に向かう幅広い動きというより、これまでの勝ち組から負け組に資金が流れている側面が強い」と分析する。

イートン・バンスのエドワード・パーキン最高株式投資責任者は「ハイテク株が軟調に推移しているこの数日間は、入れ替え売買が進行しているのは間違いない気がする。足元で値動きが良いのは、性質が債券に似た銘柄だ」と説明した。

(Lewis Krauskopf、Rodrigo Campos、Megan Davies記者)

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below