Reuters logo
アフガン駐留米軍の増強必要、こう着状態打開目指す=米軍司令官
2017年3月10日 / 03:42 / 6ヶ月前

アフガン駐留米軍の増強必要、こう着状態打開目指す=米軍司令官

 3月9日、米中央軍のボーテル司令官(写真)は開かれた上院軍事委員会の公聴会で、アフガニスタン情勢のこう着状態を打開するために新たな戦略を策定していると明らかにし、アフガニスタン駐留米軍の増強が必要との見方を示した。写真はワシントンで昨年4月撮影(2017年 ロイター/Yuri Gripas)

[ワシントン 9日 ロイター] - 米中央軍のボーテル司令官は9日に開かれた上院軍事委員会の公聴会で、アフガニスタン情勢のこう着状態を打開するために新たな戦略を策定していると明らかにし、アフガニスタン駐留米軍の増強が必要との見方を示した。

ボーテル氏は「助言・支援の任務をより効果的に行うには、増派が必要になる」と述べた。ただ、新戦略は策定中だとし、必要とされる増派の規模は明らかにしなかった。

アフガニスタン駐留米軍のジョン・ニコルソン司令官は先月、反政府武装勢力タリバンとの戦いが長引くなか、国際部隊を数千人増強する必要があると指摘していた。

トランプ大統領はこれまでのところ、アフガニスタン駐留米軍の規模を現行の8400人から増加することを認めるかどうかについて、立場を明確にしていない。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below