Reuters logo
米国の「不気味なピエロ」騒ぎ、マクドナルドなどが配慮の動き
2016年10月18日 / 00:52 / 1年前

米国の「不気味なピエロ」騒ぎ、マクドナルドなどが配慮の動き

[ロサンゼルス 17日 ロイター] - 米国で目撃が相次いでいる「不気味なピエロ」騒ぎを受け、ファストフードチェーンのマクドナルドとディスカウントストア大手ターゲットが、今月末のハロウィーン関連の商品やアトラクションに配慮を加える動きをみせている。

 10月17日、米国で目撃が相次いでいる「不気味なピエロ」騒ぎを受け、ファストフードチェーンのマクドナルドなどが、今月末のハロウィーン関連の商品やアトラクションに配慮を加える動きをみせている。写真は2003年8月カリフォルニアで撮影(2016年 ロイター/Fred Prouser)

関連記事:米国の「不気味なピエロ」騒動、ハロウィーン控え警察が警戒

ターゲットは先週、米国内の店舗とネットで販売するピエロの仮面と衣装の種類を限定すると決定。広報担当者は17日、理由として「現在の状況を考慮した」と説明した。

マクドナルドとフランチャイズ店はここ2週間、道化師スタイルのマスコットキャラクター、「ロナルド・マクドナルド」の登場回数を減らしたという。同社は声明で、この決定の理由は「各地でピエロの目撃情報が相次いでいる現状」だと述べた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below